向かいますんで、お待ちください

・作

営業職の百合子は、酔いつぶれてしまった親友の麻奈の介抱中、困惑していた。そこへ、麻奈の兄から麻奈の電話に着信が。「百合子」と呼ぶ兄の声は、心地よい頼もしい声だった。彼女は、かすかに淫らな予感を感じてしまいー。

「ねぇ、起きて。麻奈」

虚しくも、百合子の声は友の見る夢には届かない。いつもの麻奈なら、鼻をつまむと、むぅーんと甘えた声で唸りつつ、ムックリと起きる。

でも今日は、酒豪の彼女もお酒の力には勝てなかった様子だ。連日タクシー退勤という、繁忙を極めた週の金曜日。

「百合子さまぁー。三週間ぶりに、やっと呑めるから付き合って!」という親友の誘い。

癒してやるか、という姿勢を保ちつつも、穏やかでのびやかな彼女との時間が、百合子のかけがえのない宿り木である。麻奈はビール、百合子はワインと畑は異なるが酒造メーカーの営業職同士。

麻奈の身体を休めるのが優先では、と一瞬よぎった。それを見過ごしたのは間違いだった。百合子は、親友に飲ませたいワインを取り扱う店を、心躍らせて予約してしまった。麻奈が明るいサービス精神で、豊富な話題に花咲かせながら、次々と酒を流し込む傍らで。百合子がチェイサーを店員にオーダーしようと右手を上げた。その百合子の右腕に麻奈の頭が倒れてきた。時すでに遅し。

バーカウンターに突っ伏す麻奈の様子に困惑し、百合子がすみませんと店員に目で謝罪を送ると、優しい店員の笑みが返ってきた。

「眠っているお友達、ご自宅はお近くなんですか?」

いえ。わりと遠くまで、私のわがままで連れてきてしまいました。大事な間柄の会食は、美味しいお酒と食事じゃないと、と。

さて、どうしよう。百合子の気持ち通り警報が鳴り響く。いや、脳内の警報ではなく実際、麻奈の電話が鳴り響いている。パチッ、と麻奈が起きた。泥酔しているとは思えぬ勢いで、鞄の中から電話を取り出し、店外へ出て行こうとする。が、足元がふらついて、動けないのだ。

「あ、やだ。企画一件終わったばっかりだった。仕事の電話が掛かってくる訳ないわ」

と自嘲気味に笑い、着信を見て、さらに笑いを増す。

「百合子ーお店の外まで歩けないから、ごめん、電話に出てー」

出てー、と言われても。

「えっ、誰からなの?」

「おにいからー」

「おにい?え?麻奈のお兄さん?いきなり私が話して大丈夫なの?」

「だいじょぶ、だいじょぶ、いつも百合子の話してるから。助かるー」

だいじょぶ、と言いつつ麻奈は、両腕で×(バツ)マークを作る。そしてまた、椅子に落ち着いて眠りこんでしまう。

慌てて店外へ出て、耳に電話を当てる。

「麻奈?どうした?」

低く、落ち着いた男の声が、百合子を落ち着かせる。

「ごめんなさい、私、麻奈ではないんです。麻奈が酔い潰れてしまって。私、友人の―」

「百合子?」

名乗る前に、名を呼ばれる。心地のよい甘さを含む声に。麻奈を心配している落ち着かなさとは、違う。かすかに淫らなざわつきが、自分を薄く包むのを、百合子は自覚する。

「あ、百合子…さん?俺の自宅から近い店に百合子さんが連れてってくれるから、心置きなく呑む!迎えに来いって。麻奈から連絡を受けて。車を出すから飲まずにいたんですけど。ご迷惑をお掛けしているなら、迎えに行っていいですか?申し訳ない。俺もそろそろ、家で呑みたいんで」

甘い笑いが差し挟まれる。

「そういうお約束だったんですね。安心しました。麻奈、甘えっ子ですね」

「だらしないように見えるかもしれないですけど。百合子さんに心を許しているからだと思うんで、もう少し辛抱して相手してやっていてください。安全運転で向かいますんで。お待ちください」

温かみのある声。百合子、と脳内で再生する。声だけ、声だけ。会って、麻奈を引き渡して、帰ろう。

麻奈の兄に店名を告げたところで、もう、ナビに入れてあります、と笑いで止められる。笑い上戸な兄妹だ。

安堵で足取りも軽く店内に戻り、会計を済ませようとすると、店員に、お会計済みですよ、と笑って制される。店員の目線の先には、麻奈。

「迷惑かけてるから、今日は私にご馳走させてぇ。もっと寝ておけばよかっ、た。ごめんねぇ…」

「そんなのいいよ。払うよ。疲れてるのに、無理させてごめん。お兄さん迎えに来てくれるって」

安心して、と麻奈の頭に掌を乗せる。

そんな時にも脳内に。

「百合子」

と「おにい」の声が満ちる。

どんな人なんだろうー。

公開日:

感想・レビュー

2件のレビュー

向かいますんで、お待ちくださいのレビュー一覧

  • 舌舐めずりしてしまった。

    「女の両脚をМの字に開き、たくましい両腕で女の太腿に圧をかける。」を何度も読み返した。
     
    導入から核心への展開が早くて滑らかで、まるでビロードのような肌触り、を感じる官能小説。

    1

    J さん 2020年9月17日

  • 私も優しい檻に甘く捕らえられたい〜〜ん

    テンポの良さが心地よく、淫らな予感が現実となった描写も上品さがある。
    “優しい檻に、甘く捕らえられ。
    喘ぎ声を上げる幸せなけだものでいたい。”
    の比喩がステキ♡
    続きが楽しみです。

    しろちゃぷ さん 2020年9月17日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68602Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39279Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27662Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27497Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22639Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19743Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17893Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る