クリスマスに上司兼コイビトの彼と過ごすはずだったのにどうしてこうなった!?

・作

今日は待ちに待ったクリスマス。佳代子は職場の上司兼、彼氏の満さんをケーキと料理を用意して待っていた。しかし満さんは残業で遅くなると連絡が来た。佳代子は暇を持て余して彼氏の部屋を物色する。そしてクローゼットの奥であるものを見つけた。

今日は待ちに待ったクリスマス。佳代子は職場の上司兼、彼氏の満さんをケーキと料理を用意して待っていた。
 
(1時間前に残業で遅くなるって連絡をもらったっきりメッセージ送っても既読つかないのよね)
 
 トラブルなら仕方ないだろう。しかしせっかくの初めてのクリスマス。手持ち無沙汰な佳代子は彼の部屋を物色することにした。
 
(部屋は好きに見て回ってもいいって前に行ってたし…)
 
これから満さんの家には何度も訪問することになるんだから勝手を覚えておいた方がいいだろうと言い訳を考えながら手近にあったクローゼットを開ける。
 
「っ、ナニコレ!?」

思わず声を上げてしまった。そこにあったのはどう見ても女性用の下着。それもかなり際どいデザインで、とても男性用のクローゼットに置いてあるようなものではなかった。
 
「っ!…もしかして…」
 
佳代子の脳裏には以前から満の性癖が気になっていたのだ。だからここを見てみるのはとても自然な流れだった。そしてクローゼットの奥に入っていたものに彼女の考えは確信に変わった。
 
(やっぱり…)
そこには隠すように大量のSM用具があった。

 鞭、ろうそく、金属製の檻などなど。もちろん全て未使用のようだったが、佳代子はそれらの使い道を考えた。
 
(満さんは忙しいはずだし浮気はあり得ないわね)
 
満さんとはそんなアブノーマルなプレイはしたことがない。恋愛初心者の佳代子に合わせてくれていたからだ。
 
(本当のの満さんはこうゆうのが好きなんだ。)
 
佳代子はクリスマスで浮きあしだっていたのだろう。

 あまり考えずとりあえずきわどいデザインの下着を身に着ける。そしてムチとか怖そうなものはそっとしまって、今度は同じ場所にしまってあったサンタのコスプレ衣装を着てみる。
 
(サイズ、ピッタリだ。満さん、このくらいなら言ってくれれば着るのにな。)
 
この衣装で出迎えて驚かせてあげようと佳代子は思っていた。
 
「これは大人のおもちゃ?」
 
次に手に取ったのはバイブ。スイッチを入れてみると手の中でそれは音を立てて震えだす。
 
「っ、ちょっと怖いかも…」
 
佳代子は一瞬たじろいだが、好奇心が優って入れてみることにした。
 
(いつも満がいてるように優しく乳首をいじって中を慣らして…)
 
あんまり気持ちよくない…濡れ方もいまいちなので試しにバイブをクリトリスや乳首に押し当てる。
 
「ひゃんっ!!」
 
思った以上の衝撃だった。しかし癖になるような快感で夢中になって押し当て続けるとしっとりと濡れてきた。
 
ゆっくり振動したままのバイブを入れていく。
 

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55674Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45325Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35630Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23874Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22977Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17151Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る