女神は今日も、深夜のコンビニへやって来る。

・作

漫画家を目指しながら深夜のコンビニでバイトする僕は、いつも深夜に来店する『女神』に密かに恋をしていた。ある時、勇気を出して女神に声をかけると、女神は1枚の名刺を僕に手渡してくれたのだった…。

『あっ、そろそろ来る時間かな…?』

深夜のコンビニは変な客ばかり来る。でもそれは、漫画家を目指す僕にはとてもいいネタの題材になるのでバイトするのは好都合だった。もちろん迷惑客の対応に困る時もあったけど、そんな中でも唯一僕の心を癒してくれる存在が…

『き、来た!女神だ!』

親の声より聞いた入店メロディが、僕の胸を高鳴らせた。声をかけなければ、と緊張しながら絞り出した「いらっしゃいませ」はひっくり返ってしまった。女神はくすりとも笑わず、眉ひとつ動かさず、いつも通りに決まったコースで店内の商品を見て回った。女神の反応がないことが、余計に僕の羞恥を煽った。

『き、今日こそは…女神に話しかけるんだ!頑張れ、僕!』

女神はおにぎりとサラダとお茶をカゴの中に入れて、レジへと向かった。品出しの途中だった僕は女神を追いかけて、カウンターの中へ入る。女神がカゴをカウンターの上に置く前に、13番のタバコを2個取って用意した。女神は何も言わず、財布をバッグから取り出す。商品のバーコードを読み取りながら、僕は震える声で話しかけた。

「まっ…毎日、ぉぉ、遅くまで、お疲れ様ですぅっ!」

女神は何も返事をしなかった。僕はおそるおそる、目線を商品から女神の顔に移した。女神はきょとんとした顔で、僕を見ていた。初めて真正面から見た女神に、僕は心臓が爆発しそうになった。そして脳内SNSに感想を連投しまくる。

『わああぁーーっ!やっぱり美人!綺麗だっ!顔がいいどころじゃない!女神の美しさを伝えたいけど語彙力が足りなくて辛い!ほあぁーーっ!!」

「…あなた、疲れてるの?大丈夫?」

「えっ?!」

「急に叫んだりして…」

「ああっ!すすすすすみませんっ!」

途中から声に出てしまっていたらしい。恥ずかしさのあまりこの世から消えたくなった。

「これ、よかったらどうぞ」

「へ?」

女神がバッグの中から取り出したのは、1枚の名刺だった。そこに書かれているのは派遣タイプ風俗店の名前と電話番号と、そして…

「ここで『ダリア』って名前で働いてるの。疲れて癒されたくなったら、呼んでね」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60165Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42301Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37018Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25812Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23937Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18876Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17474Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16607Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る