推し変したらとんでもないことになった。

・作

推しが結婚した。しかもデキ婚。お気に入りのカフェの店長さんにその悲しみをつたえると、「そんなに辛いなら、僕に『推し変』しませんか?」と、言い寄られてしまう。グイグイくる店長さんに絆されてしまい…?

私には『推し』がいる。中学生の頃から応援しているヴィジュアル系バンドのベーシストだ。残念な事にバンド自体はとっくのとうに活動休止していて、メンバーはみんなソロでちまちまと活動している。

そして今日、推しの公式サイトに『ファンのみなさまへ重大なお知らせ』というタイトルで配信されたメッセージがあった。

震える指先でリンクをタップし表示されたその内容は、活動再開でも解散でもなく『ベーシストが結婚しました』というものだった。お気に入りのカフェでお気に入りの晩ごはんを食べている幸せな時間は終わった。周りの目を気にする余裕もなく涙が出てくる。

「うぅ…っ!うぇぇ…どおしてぇ…ひぐっ!」

「…大丈夫ですか?」

顔をあげると店長さんがいて、心配そうな顔で私を見ていた。

「だっ、大丈…ぶ…じゃ…ないですうぅうううっ!うわあああああっ!」

一気に溢れ出した嗚咽は止められず、声をあげて泣いた。単純に泣いたというより、慟哭という表現の方が正しい。テーブルに突っ伏して泣き叫んだ。

推しと出会ってからの出来事が走馬灯のように頭の中を駆け巡った。推しの結婚は、これまで流してきたおめでとう!とか頑張ってね!という涙とは別の感情の涙をとめどなく溢れさせた。

「うぐぅ、ひんっ、うぉえぇっ、ヒデェ…っ!」

「あの、これどうぞ」

「ふぇっ?」

店長さんは紅茶とアップルパイをテーブルに置いた。ふわりと香る甘い匂いに、少しだけだったけど、なんだか心が落ち着いた。

「ダージリンの香りは心を落ち着けます。ダージリンにはアップルパイがよく合います。常連様へのサービスです。召し上がってください」

「あ、ありがとう…ございます」

店長さんはそのまま去るのかと思ったら私が掛けたソファの隣に座ってきて、

「もしよかったら、何があったのか話を聞かせてもらえませんか?」

「えと、その…実はですね…」

私は堰を切ったように推しへの想いを吐き出した。

音楽番組でデビュー曲を聞いたときの衝撃、お小遣いを握りしめてCDを買いに行ったこと、人気絶頂にも関わらずバンドの活動休止とソロ活動開始の発表された日のこと、握手会で5秒くらい直接話せたときの感動、そして…今日一般人女性と結婚したこと、お相手の女性のお腹には新しい命を宿しているということを伝えた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60130Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42227Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37008Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34853Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25799Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23927Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21796Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18845Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17468Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16593Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る