最後まで気づかれなかったら…ご褒美な?

・作

幼なじみである尚ちゃんと春人お兄ちゃんの家族と仲良しの花音の楽しみは、みんなでお酒を飲んで1週間の疲れを癒すこと。だけど今日はみんな出かけていて尚ちゃんと2人きり。そして、仕事でヘトヘトに疲れている私は尚ちゃんにマッサージしてもらうことになったんだけど、なんだか彼の手つきが怪しくて…。このままじゃ春人お兄ちゃんに見られちゃう…!

「んんっ…ダメ…っ」

「ここじゃマズいよね…、向こうの部屋行く?」

「そういう問題じゃ…ないっ…んっ、はぁ…あっ…ダメっ」

首筋には舌が這いまわり、ショーツの上からは指で割れ目を撫でられているうちに、私の身体は徐々に熱を帯びてきていた。

「尚ちゃん…っ、春人お兄ちゃんが帰って来ちゃうから…あっ、あん…もう…やめよ?」

「春にぃ、びっくりするかな?」

そう言って、悪巧みを考えるようにニヤッと笑う尚ちゃんを見て、私は嫌な予感がした。
そして、まさかその予感が的中するとは…。

*****

「お邪魔しまーす!あれ?おばさん、今日仕事だっけ?」

「あぁ、今日は親父と旅行に行ってるよ」

「相変わらず仲良しだし元気だね、私はまだ23歳なのに体のあちこちが悲鳴上げてて、今は旅行なんて行く気力ゼロだよ~」

よいしょ、と言いながら私は玄関でパンプスを揃えて大きなため息をついた。

「ははっ、花音は本当に俺と同い年か!?ほら!俺を見て見ろよ、仕事終わってもこんなにピンピンしてるんだぜ」

尚ちゃんはそう言って、筋肉を見せびらかすド定番のポーズをとっていた。

はいはいと適当に反応しながらいつものようにテレビの前のテーブルに買ってきたおつまみを広げる。

私はエステティシャンの仕事をしているんだけど、これがけっこう疲れちゃったり…。
もちろん、お客さまが綺麗になった肌に喜んでくれている姿に、こっちも幸せな気持ちになるから大好きな仕事ではある。

だけど1日が終わると、どっと疲れが出てしまい、腕から肩にかけてがパンパンになるのだ。
だから私は仕事が終わると、かなり疲れ切っていることが多い。

一方の尚ちゃんは、レストランでシェフの卵として働いている。
1日中立ちっぱなしで私よりも遥かに体力を使っているはずなのに、いつでも元気なのが本当に不思議に思うし、その有り余る体力がめちゃくちゃ羨ましい。

そんな尚ちゃんからの提案で、金曜の夜は尚ちゃんの家に集まって『1週間お疲れ様会』を行うのが、ここ1年の定番となっていた。

おばさんやおじさん、尚ちゃんのお兄さんである春人お兄ちゃんと一緒にみんなでお酒を飲みながら、ひたすらお喋りする時間が至福の時なんだよね。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60135Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42242Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37011Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25803Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23933Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18853Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17468Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16598Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る