甘い男友達は豹変する

・作

「待って!こんなの…んっ、だめぇっ…、あっ!はぁあっぁあっ!」 「イヤイヤ言ってるわりに…ほら、見て?こんなにびしょびしょだよ?下着、これ以上濡れるといけないから脱ごうね」 布が擦れる音と共に激しくなる水音。それにあわせ […]

「待って!こんなの…んっ、だめぇっ…、あっ!はぁあっぁあっ!」

「イヤイヤ言ってるわりに…ほら、見て?こんなにびしょびしょだよ?下着、これ以上濡れるといけないから脱ごうね」

布が擦れる音と共に激しくなる水音。それにあわせて押し殺した喘ぎ声が狭い空間に響く。

「真琴さん、ダメです!バレたら私…」

「バレても俺はいいよ?」

「どうし…んっ!はぁ、あんっ!」

もう何も考えられない…。

甘い快感による痺れに飲み込まれて、私の頭は判断が鈍っていった…。

*****

「もしもし?俺だけど、急に部長主催の飲み会になってさ」

「真琴さんと飲みに行く予定じゃなかった?」

「部長の飲み会はどうしても断れないんだよ。だから、お前真琴の相手してやって」

「いいけど、あんまり真琴さんに迷惑かけ過ぎたらダメだよ」

「わかってるって!俺から真琴に連絡してあるから。じゃよろしく~」

夫の聡からの電話に私はため息をついた。

真琴さんは私より2つ年上で、聡の大学時代の後輩だ。

聡を通して仲良くなった真琴さんは私にとって唯一の心許せる男友達でもあった。

そういうことで、真琴さんとは今までも2人だけで何度も遊んでいる。

鏡でリップを塗っていると…『ピンポーン』

「こんばんは!紡ちゃんいきなりごめんね、ってさすがもう準備万端だね」

ドアを開けると聡の急なドタキャンに嫌な顔一つ見せない笑顔の真琴さんが、柔らかそうな茶髪を揺らして顔を覗かせた。

「よくあることなので爆速で準備できるようになりました!」

「俺と遊ぶときは爆速で準備しなくていいのに~」

玄関のカギを締めながら毎度の居酒屋コースを提案すると、真琴さんから意外な返事が返ってくる。

「この映画観たいんだけど、どうかな?」

差し出したスマホに写し出されていたのは人気アニメの映画だった。

「私も観たかったんですよ!」

「よかった、それでは行きますか」

はしゃぐ私の頭を優しくポンポンしてきた。

あれ?今のは何…?

不思議に思っているうちに、頭の上の温もりは消えていた。

そして、これが初めて真琴さんが私に触れた瞬間でもあった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60130Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42227Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37008Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34853Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25799Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23927Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21796Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18845Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17468Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16593Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る