弱みを握られた私は、主任の言いなりになってしまい…

・作

自分の勤める銀行のお金に手を付けてしまった私は、そのことを主任に知られてしまう。しかし、主任はそれを報告せず、代わりに絶対服従を求めた。どんな要求にも従い続ける日々。やがて解放される時が来るも、私は自分の中の特殊な感情に気付き始めていた。

私が勤める銀行のとある一室。
普段誰も使わないこの部屋で、私は今必死に主任へのご奉仕を行っていた。

「んっ…じゅぷぅ…」
「大分上手くなってきたね」
「あ…ありがとうございます…ちゅぱぁ…れろぉ…」

お口の中に広がる苦味と塩っぱさ。
そして何より生臭い匂いが私の脳を揺さぶってくる。
だけどそんなこと気にしていられない。
私は主任に逆らうことは出来ないのだ。

きっかけは、私の父が病に倒れ、急に高額な医療費が必要になったことだった。
いつかバレないように返せばいい…そう思って、私は銀行のお金に手をつけてしまった。
それからというもの、何かがあっては、最後のつもりと繰り返しお金を持ち出すようになってしまった私。

そしてついに、それが主任にバレてしまった。
しかし、主任は銀行にこの事を報告せず、代わりに私に条件を与えた。
絶対服従という条件を。

「バレたのが僕で良かったね。こうして言うことを聞いてれば助かるんだから」
「あむぅ…はいぃ…」
「じゃあ、そろそろ出してあげるよ」

主任の言葉と共に、喉の奥まで一気に入ってくる肉棒。
その衝撃に耐えられず、私は思わずえずきそうになる。
だが、それを耐えながら、必死に舌を動かし続ける。
すると、次の瞬間、口の中に精液が大量に流れ込んできた。

「んぐっ!んんんん!!」

苦しさに悶えながらも、吐き出すこと無く飲み込んでいく。
全てを飲み込むと、ゆっくりと口から肉棒が出ていった。

「よく飲めたね。偉いよ」
「はい…ありがとうございます…」
「よし、じゃあそろそろ本番だ」

主任の声に従い、服を脱いで裸になる。
そしてそのまま、机の上に仰向けに寝転がった。
恥ずかしくて仕方ないが、これも主任の命令なのだ。

「ほら、自分で広げて見せな」
「は、はい…んっ!」

両手を使い、自分の秘所を広げていく。
そこにあるピンク色をした綺麗な粘膜が外気に晒された。

「おねだりの仕方も教えたよね?」
「はい…淫乱な私を…沢山使って下さい…」

顔を真っ赤にしてお願いする。
これが今の私にとって唯一の仕事だから。
主任は満足そうな笑みを浮かべると、自身のモノを取り出してきた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56673Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46528Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37974Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35240Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21838Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21325Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20134Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14693Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13923Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12841Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る