後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった (Page 5)

「まって、遥斗まだだめ」
「無理、待てない」

バイブのおかげで解されていたそこに容赦なく遥斗のペニスが侵食してきた。
いつもなら最初はゆっくり入れてくれるのに、今日は強引だ。

「今日は茜に触ってもらってないから、いつもよりたくさん中を味わえるな」

悪魔の囁きが聞こえた。
最初から激しく突かれて、もう何も考えられなかった。

「先輩、私の胸も触って?」
寝かされた私の横にいる美結に手を持たれ、促されるまま美結の胸に触れた。

おわんと言うよりロケットおっぱいだ、なんかエロい…
美結の手が導くままに胸を揉んだり摘んだりしていると、さらに興奮してしまった。

口に含んで舌で転がしてあげると、美結は歓喜の嬌声をあげた。

「遥斗、さんっ…で、んまを、茜さ、んの下腹部に少し強めに押し当ててみてください」

遥斗が私に腰をうちつけながら、電マを手に取り言われたように下腹部に押し当ててきた。

「んっ、あああああっ!これっだめぇっ!や、ぁあああ!」
出し入れの刺激だけでも今日はヤバイのに、お腹にも強い振動がきて、あっという間にいかされてしまった。

イッてるのに腰の動きは緩急をつけるだけで止まらず、更には電マのパワーまで上げられてしまった。

「やっ、んぁあっ!…ま、またっ、いっくぅっ!んっ、んんっ我慢、でき、…あああっ」

また潮を吹きながらイッてしまった。

「そろそろ遥斗さんもキツそうですし、茜先輩、もう胸はいいですよ」
そう言ってベッド脇のソファに腰掛けた美結は、使っていなかったディルドでオナニーをしだした。

こっちを見ながら自分で胸を揉みしだいて、ディルドを抜き差しするのを見て、興奮が収まってくれない。

「茜、そろそろやばいから……加減できないぞ」
私を四つん這いにして、後ろから遥斗がくる。

私は前戯だけでも感度を高められすぎて、もうイキっぱなしの状態。
私がお尻を突き出している体勢で、いつもなら腰を掴む遥斗が、今日はおしりの下の方を掴んで、繋がっている所を広げた。

膣口側と体の奥で言い表せない快感が押し寄せて、いつイッているのか分からないほど感じてしまう。

「っ、く、やばい…もう出るっ」
「んっ、はぁっ…茜、せんぱ、いっ私ももうっ」

私と遥斗が絶頂し、その私の顔を見て美結が絶頂した。

数えられないくらいイかされて、媚薬も効果が薄れたみたい。
動けない私を遥斗がお風呂場に運び体を洗ってくれた。

「遥斗さん、茜先輩。たまに今日みたいにしましょうねっ」

私はとんでもない世界の扉を開いてしまった。

Fin.

この作品が良かったら「いいね!」しよう

29

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62835Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43354Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35169Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34428Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27259Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22120Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20293Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19977Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19947Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19690Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る