キスキスキスキスキ

・作

勉強だけが取り柄だったわたしは大学に入って、初めて好きな人ができた。講義で会えるだけで、幸せだと思っていたが、次第に、わたしは先生の特別になりたいと願うようになる。そんなとき、泊まりがけのシンポジウムの募集がかけられ、わたしは参加を希望する。その日の夜、アルコールも入り、嘘の口実を作ってわたしは先生にキスをおねだりする。おねだりはエスカレートしていき、秘部への接触を許す。

初恋は遅いほうだった。

毎日のように勉強勉強と、勉強ばかりに熱心で、恋というものにあまり興味がなかった。

高校時代はもちろん、大学に入ってからも、彼氏などできたことがない。

そんなわたしの世界を変えたのが、大学2年のゼミ選択のときだった。

教壇の前に立って、はじめましてと挨拶をした大橋先生は、わたしの心をギュッと捕らえて離さなかった。

 

もちろんわたしは、先生のゼミを選んだ。

毎週火曜日、4コマ目。
わたしにとって特別な時間となった。

先生の講義は実技が多く、退屈もせず、おもしろい。
課外の研修も多く取り入れており、色んな世界を見せてくれる。

すごくいい先生で、そんな先生の講義を受けることができるわたしは、それだけで、幸福なはずなのに、

時たま、耳にする、

「1年の背の高いあの子、大橋先生のお気に入りだよね」

という心無いうわさ話が、わたしの心をズンと重くさせた。

 

そんな中、先生が隣の県に2日間の泊まり込みでのシンポジウムがあるから、後学のために参加しないか、とゼミの中で募集をかけた。

わたしは無意識の中、手を挙げていた。

—————————

シンポジウムはつつがなく進行し、その日は夜を迎えた。

 

施設の大浴場を出た横に、アルコールを販売している自動販売機がある。

先生はその前に立って、100円を入れていた。

気づいてくれないかな、と思いつつ、ゆっくりと近くを歩く。

「おっ、遠藤じゃないか」

先生はちゃんと気づいてくれた。

「先生、今日はお疲れ様でした」

すると、先生はちょいちょいと手招きをした。

「遠藤は今日がんばってくれたからな、特別」

飲み物を奢ってくれるらしい。

「さっき他の奴らにも会って、タカられてなあ。遠藤は今日がんばってくれたんだから、遠藤にだけ買わないのも悪いだろ」

そういって、好きなものを1つ選ばせてくれた。
わたしはレモンサワーを選んだ。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

キスキスキスキスキのレビュー一覧

  • かわいい。
    続き希望。

    4

    匿名 さん 2020年5月13日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来76186Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵43027Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも26177Views

  4. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ23156Views

  5. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり22061Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥20583Views

  7. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19043Views

  8. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来18916Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18796Views

  10. お客様は元同級生??告白できなかった憧れの男子といきなりエッチすることになるなんて…

    八代もも16953Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る