執事に夜の手ほどきしてもらってます

・作

財閥の令嬢である雅はとうとう具体的になって来た結婚の話を聞いて、執事の大河に『妻としての尽くし方を教えて』といい、毎週金曜日秘密の手ほどきを受けることに。なんとしても初恋にケリをつけたいと思うお嬢様と執事の甘い夜のレッスン。

毎週金曜日の夜だけはいつもより丁寧に髪をとかして、プレゼントのラッピングみたいなベビードールを纏う。メイド長あたりが見たら卒倒するかもしれない。でも、男の人はこういうのが好きだと教えてもらって、ネットでこっそり買った。

「それでは雅様、先週のおさらいから始めましょうか」

「よろしくお願いします…」

*****

約半年ぶりに外国から帰ってきた父。

「雅、来年の大学卒業後お前にはいくつか事業を任せたいと思う。ゆくゆくは一人娘のお前がこの財閥を継ぐにあたり、若い内に資質を見極めておきたい」

「はい」

父は仕事で忙しい人で、家庭をほとんど顧みない人ではあるが、財閥の当主としては卓越した人物なのだと思う。私も経営手腕については尊敬している。一人娘でゆくゆくは家の女主人となる私の能力にしか興味がないのも知っている。

「で、結婚相手なんだが、国際結婚でもこの際構わないな?」

「こ、国際結婚ですか?」

この際っていうか、どうせするなら国際結婚でいいなと言われている。

「最低限の教養としていくつかは語学も取得済みですが」

「相手は英語圏だ。先月の取引相手の息子だ。お前の6歳上で家柄も才覚も十分。お前の結婚相手として不足なし」

そう言ってる時点でほとんど決まった話なんだろう。これはもう卒業と共に結婚だ。事業を任せたいとかいうあたり、向こうが婿に来てくれるんだろう。

「はい」

父の意向には逆らえない。いつかは来ると思っていた話だ。それが今日だっただけで。話すべきことだけを話し終えると父は仕事に戻っていった。本当に私にも私の考えや感情にも興味がないんだろう。

*****

窓から夜風が入る。ぼんやりと月を見ながらため息を吐いた。それと同時くらいにドアがノックされた。

「入って」

「カモミールティーをお持ちしました。あまり夜風に当たるとお体に障りますよ」

一つ年上の執事の大河が小さいため息とともに窓を閉めた。大河は私が3つの時、遊び相手として家に出入りするようになった。長年うちに仕えてくれている執事長の孫で年が近い私の遊び相手に選ばれ、私が中学を卒業すると同時くらいに執事へとシフトした。唯一無二のパートナーと言える。

「大河はこの職業に就くことに疑問はなかったの?確かに私は貴方がずっといてくれて心強かったけれど、本当は他にしたいことがあったんじゃないの?」

「興味がないこともなかったのですが、将来当主の補佐をすることを前提にした興味でしたね。祖父を尊敬していて、いつかそういう人物になりたいとこの職業に就くことを決めました」

「…私、結婚が決まったわ。はっきりとはおっしゃってなかったけど、相手もほとんど本決まりね。大河、私に妻としての尽くし方を教えて」

それがたまたま金曜日の夜の事だった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 王様ゲームで4Pセックスしちゃった話

    まゆり79240Views

  2. マンションの隣に住む仲良し夫婦の秘密とは…

    まゆり36341Views

  3. 子供扱いじゃなくて女扱いして

    十月夏葵34340Views

  4. 箱入り娘な私が、執事に調教されるなんて…

    甘乃実弥31660Views

  5. 眼鏡を取った彼は別人のように私を抱く

    甘乃実弥28966Views

  6. 触手に自由を奪われて…終わりのない螺旋快楽

    天音澪莉26845Views

  7. 最後まで気づかれなかったら…ご褒美な?

    甘乃実弥23605Views

  8. おもちゃ好きの彼はが今日持ってきたのは、いつもと違って小さい電マだった

    夢咲 花笑20151Views

  9. 喰い付くケダモノ。

    17446Views

  10. 水泳のコーチはエッチな兄弟でした

    甘乃実弥12873Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛撫 愛のあるSEX キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ イキっぱなし 乳首責め 乳首 ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 好きな人 ちょっと過激に 挿入なし スリル 中出し OL

すべてのタグを見る