私と彼はオナニーフレンド

・作

キスやハグをして一緒のベッドで寝るけれど、挿入ありのセックスはしない。そんな関係の玲奈と涼司は恋人同士ではなく、自慰を見せ合う『オナフレ』だった。お互いの性癖や痴態を受け入れ、夜のひとときを有意義に過ごせる『特別な友達』の二人は、今日もいつものラブホへと向かい…

見慣れたネオン看板をくぐり、私と涼司は連れ立ってフロントへと向かう。彼と会うのは決まってラブホテル。だって私と彼の関係は『特別な友達』だから。

「シャワー、先に浴びるね」
「うん」

いつもの通り、部屋に着いてすぐに私はバスルームへと向かった。胸の高鳴りはあるものの、特に緊張はしていない。今日は待ち合わせの時間が遅かったため、このまま朝まで宿泊予定だ。私がシャワーを済ませた後は、入れ違いに涼司がバスルームへと向かった。

「お待たせ」

私たちの関係、それは自慰を見せ合う友達──言うなれば『オナニーフレンド』だった。キスまでしかしないキスフレだとか、添い寝だけするソフレだとか。いわゆる『セックスフレンド』に満たない関係はいくつかあるが、その派生の1つみたいなものだ。

「ンッ…ッぁ…」

私も涼司もキスは好きだから、特に制限もなく自然に交わし合う。ハグもするし、一緒のベッドで寝る。けれども、挿入ありのセックスはしない。もっといえば、フェラチオもしないし、互いの性器や性感帯に直接触れることもない。

「玲奈の今日の下着、可愛いね」
「ありがと」

涼司は、服や下着を褒めてくれるから好きだ。靴やアクセサリーなどの小物にも目を配ってくれるし、髪色やメイクの変化にも気付いてくれる。涼司自身はいつもシンプルな服装で、ブレがない。性格も穏やかで声も優しくて、一緒にいて居心地が良かった。

「新しいバイブ買ったんだ~」
「女性向けって、スタイリッシュなデザイン多くていいよね」
「涼司は?」
「いつものエネマグラ。色々試したけど、結局これに落ち着くんだよね」

私たちのプレイは、ラブコスメの紹介から始まることが多い。共通の『自慰行為を見られるのが好き』という性癖があって、さらに私も涼司も『セックスは面倒くさい』と思っている。

「今日は乳首だけでイクこと、目指す…」
「よし、頑張れ。次は私もそれやってみようかな」

妊娠や性病のリスク。体液の交わりに、体の相性。相手を気遣い、ときには相手に合わせて、擦り合わせながら進めていく必要性。そのほか所要時間等のことも考えると、私も涼司もセックスの『コスパの悪さ』が苦手で、性欲の解消なら自慰が一番という価値観だった。

「ッぁ…ぁ、これ…振動、つよい…」

パステルピンクの器具を陰部へとあてがいながら、私はぞくぞくと体を震わせた。指で柔肉を割り開いてクリトリスを露出させ、鈍い音を奏でる先端を押し当てる。気持ちがいいけど刺激が尖りすぎていて、これじゃぁすぐに達してしまいそう。

「玲奈、びちょびちょ」
「ンぁッ…涼司だって、先っぽからいっぱい垂れてるよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66158Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28304Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22168Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20988Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18047Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る