帰省の先

・作

窓の外に降る雪を眺め、帰省する電車に揺られる。彼への思いを乗せて走る電車、光るディスプレイに高鳴る胸――。久しぶりに会う彼と溶け合うように温めあう体。外の寒さも忘れてもつれあう二人。冬の寒さも忘れる大人のラブストーリー。

窓の外にしんしんと降る雪。
白い景色の中を走る電車に胸が躍る。
いつもよりも電車の進み具合は遅く感じる。
終着駅へ“早くついて”と思う気持ちと、“まだつかないで”と願う複雑な気持ちが入り混じる。

「…ふぅ」
今日に限って定時には上がれず残業だった。
気付いて時計を見た時には、予定の時刻はとうに過ぎていた。
パソコンの電源を落として、明るいネオンの中人ごみをかき分けて走った。
ヒールブーツのまま階段を駆け上がり、一番遅い列車に飛び乗った。
今、乗車しているのは私だけだ。

楽しみにしていた日。
今日が来るのをどれだけ待ち望んだかわからない。
今日のために努力してきた。すべてが完璧だ。時間以外は。

残業の悔しさがあってもまだ、今日は暖かい気持ちでいられる。
電車の旅路。帰路はまだまだ長い。
いつもなら一人で過ごす夜の時間が、今日だけは違うのだ。
新しいことではない。でも、楽しみにしていたこと。

冷えた手は、長い電車に揺られて温まった。
焦る気持ちと期待で心の中がぐちゃぐちゃになりそうだ。

手に持っていたディスプレイが光った。

『―――何時につく?』
おもわずにんまりとしてしまう。
言葉を打つ手が躍って震える。
思った以上に浮かれている自分に、安堵した。

*****

電車から降りて彼の胸の中へ飛び込む。

「待ってた」
冷えたコートの質感が、待ち時間を思わせて切なくなる。
きつく抱き返される感覚に懐かしさを感じる。何年経っても変わらない、飽きない。

彼の瞳の中に私が映っている。澄んだ空気の中、キラキラと光る彼の黒目。
長い睫毛が凍りそうなくらいに寒い。耳がちりちりと痛んだ。

静まり返った田舎の道、ザクザクと進む二人の足音だけが耳に響いて、息の白さにうっとりとした。

――――なんて、綺麗なんだろう。

二人きりの雪の中、冷たい空気から逃げたくて彼のポケットに手を入れた。
握り返される手の強さにギュッと心が掴まれ、思わず彼の横顔を見つめてはきゅっと唇を締めた。
進む足取りに近づく距離。心臓の音が高鳴る。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66093Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40171Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28291Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28130Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27833Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25628Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22116Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20971Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18536Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ17999Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る