私のパパはハイスペックでサディスティック

・作

21歳の大学生の由佳は、パパ活で知り合った36歳の会社経営者・恵悟(けいご)とのアブノーマルなえっちに夢中。露出、カーセックス、ハメ撮り…彼と関係をもって以来、新たに目覚めた性癖は数知れず。そんな彼女は今夜も裸で助手席に拘束されながら、夜のドライブを楽しむことになり…

「ンぁ…恵悟さんッ…」
「次のサービスエリアまで、このまま行こうね」

深夜帯の高速道路。高級外車の助手席に座らされた私は、赤面しながら俯いていた。

腕は背中で縛られ、脚はヘッドレストと紐で繋がれM字に開かされている。そして身につけているのはロングコート1枚で、それすらも今は前のボタンを全て外されていた。

「ッは、ぁ…」
「由佳ちゃんは、相変わらず綺麗な肌してるな」

胸もお腹も、それから下半身に至るまで。車内で裸体を晒している私は、スリルと羞恥でひどく昂(たかぶ)っていた。恵悟さんは36歳。21歳の大学生の私とはいわゆる『パパ活』で出逢い、月に2回程度デートをしている。

「あと…どれくらい?」
「そうだな…20分、くらいかな」

恵悟さんは大学院在学中に立ち上げたという、通信販売の会社を経営している。高級住宅街に自宅を構え、会社の事務所は都内の一等地。会員制の個室バーで口説かれて肉体関係をもって以降、私は彼の趣味に感化されて新しい性癖を目覚めさせてきた。

「誰かに、見られたら…」
「大丈夫だよ。由佳ちゃんはもう、見られたら嬉しい体になってるから」

そう、恵悟さんの言う通りだ。最初は恵悟さんの自宅の庭から始まって、いまや屋外での露出プレイは私にとって日常化しつつあった。通行量は昼間に比べればずっとまばらだが、時おり並走する車にはドキドキと胸が高鳴る。

「すごい濡れてる」
「ンぁッ…恵悟さんのえっち…」
「えっちなのは由佳ちゃんでしょ?」

ご機嫌な調子でハンドルを握りつつ、恵悟さんは右手を私の下腹へと伸ばしてきた。陰毛をなぞり、そのさらに向こうまで。道路灯に照らされた恵悟さんの指には、私の愛液がたっぷりとまとわりついていた。

「ほら、もう着くよ」

静かに駐車場へと滑り込んだ車は、広い敷地の一番端で停車する。すぐ背後には高い木々が生い茂るような場所で、サービスエリアの建屋からは遠い。だからだろう、周囲に他の車はいなかった。

「由佳ちゃんは、これつけて。俺も少し離れてついていくからね」
「またイタズラするんでしょ」
「気持ちいいこと、するだけだよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66158Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22171Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20988Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18062Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る