私のパパはハイスペックでサディスティック

・作

21歳の大学生の由佳は、パパ活で知り合った36歳の会社経営者・恵悟(けいご)とのアブノーマルなえっちに夢中。露出、カーセックス、ハメ撮り…彼と関係をもって以来、新たに目覚めた性癖は数知れず。そんな彼女は今夜も裸で助手席に拘束されながら、夜のドライブを楽しむことになり…

「ンぁ…恵悟さんッ…」
「次のサービスエリアまで、このまま行こうね」

深夜帯の高速道路。高級外車の助手席に座らされた私は、赤面しながら俯いていた。

腕は背中で縛られ、脚はヘッドレストと紐で繋がれM字に開かされている。そして身につけているのはロングコート1枚で、それすらも今は前のボタンを全て外されていた。

「ッは、ぁ…」
「由佳ちゃんは、相変わらず綺麗な肌してるな」

胸もお腹も、それから下半身に至るまで。車内で裸体を晒している私は、スリルと羞恥でひどく昂(たかぶ)っていた。恵悟さんは36歳。21歳の大学生の私とはいわゆる『パパ活』で出逢い、月に2回程度デートをしている。

「あと…どれくらい?」
「そうだな…20分、くらいかな」

恵悟さんは大学院在学中に立ち上げたという、通信販売の会社を経営している。高級住宅街に自宅を構え、会社の事務所は都内の一等地。会員制の個室バーで口説かれて肉体関係をもって以降、私は彼の趣味に感化されて新しい性癖を目覚めさせてきた。

「誰かに、見られたら…」
「大丈夫だよ。由佳ちゃんはもう、見られたら嬉しい体になってるから」

そう、恵悟さんの言う通りだ。最初は恵悟さんの自宅の庭から始まって、いまや屋外での露出プレイは私にとって日常化しつつあった。通行量は昼間に比べればずっとまばらだが、時おり並走する車にはドキドキと胸が高鳴る。

「すごい濡れてる」
「ンぁッ…恵悟さんのえっち…」
「えっちなのは由佳ちゃんでしょ?」

ご機嫌な調子でハンドルを握りつつ、恵悟さんは右手を私の下腹へと伸ばしてきた。陰毛をなぞり、そのさらに向こうまで。道路灯に照らされた恵悟さんの指には、私の愛液がたっぷりとまとわりついていた。

「ほら、もう着くよ」

静かに駐車場へと滑り込んだ車は、広い敷地の一番端で停車する。すぐ背後には高い木々が生い茂るような場所で、サービスエリアの建屋からは遠い。だからだろう、周囲に他の車はいなかった。

「由佳ちゃんは、これつけて。俺も少し離れてついていくからね」
「またイタズラするんでしょ」
「気持ちいいこと、するだけだよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75106Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44244Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25776Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24341Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22889Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21663Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19669Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19535Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18491Views

  10. しおこ15841Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る