享楽に溺れる後宮の花~前と後ろを同時に愛されて~

・作

柊真(しゅうま)とその側近の藍(あい)は、今夜も後宮で瑞香(みずか)の体を愛し、弄び、思いのままにむさぼり尽くす。前にも後ろにも、大きなモノを咥えながら哀願する瑞香。2人の寵愛を一身に受け、身も心も捧げた瑞香の享楽の一夜をのぞいてみましょう。

「好きだ」

なんて言われなくても。
私たちの気持ちは、確かに繋がっている。

…そう思って今日も鏡に向かう。
心なんていっそ無ければ良いのに。

「寵愛を受けた」という事実は消えない。
でも、その事実だけで一生を過ごすことなんてできるのだろうか。

いずれは、私以外に愛が注がれる時が来る。
その日はきっと、そう遠くないだろう。

後宮の花の命は驚くほど短い。

雑音は聴こえない。
聴きたくない。

だって私は、どんな形であれ。
あの人に望まれ、乞われ、求められている。
その自信だけが私を支えているのだ。

ギュッと唇をかみしめる。
胸の奥がチリチリとする。

トントン

ノックの音に弾かれるように顔をあげると、窓の外に大きな月が見えた。

*****

「瑞香、ほら、おいで」

ヘッドボードを背もたれにして座っている柊真様。
上に跨り、秘部を合わせる。
首に手を回しキスをすると、ビクンと反応があった。

背後から柊真様の側近である藍の手が伸びてくる。
乳首をキュッと摘ままれ、思わず吐息が漏れてしまった。

誤魔化すように柊真様にキスをした。

藍の手は止まらない。
乳房を揉み、乳首を刺激する。

「あっ…」

「瑞香様は本当に敏感ですね」

藍の声に、耳が赤くなるのを感じる。

柊馬様に舌を絡めて腰を振ると、柊馬様のモノが大きくなっていく。
やがてぬるぬるとし滑りが良くなってきた。

「瑞香、そんなにはしたなく腰を振るほど良いの?」

柊真様の声に、慌てて止めようとすると、藍が両方の乳首をキュッと摘まんだ。

「あぁっ」

「瑞香様、もっと激しく動いてください」

リズミカルな刺激に合わせて、必死で腰を振る。

「あっ、あぁ」

だらしなく口が開き、矯声が零れる。
体が熱い。

「藍、交代」

柊真様はそう言うと、ヘッドボードの前に藍を座らせた。

「ほら瑞香、大好きな椅子だよ」

私は言われるがままに藍の上に後ろ向きに座る。
藍は背後から乳房を揉みしだき、乳首への刺激をやめない。

「んっ、あぁ、あんっ」

「瑞香は本当にその椅子が好きだねぇ」

柊真様は目を細めると、私の両脚を大きく開いた。

「瑞香のクリトリス、大きくなってるね…」

敏感な部分にフッと息を掛けられる。

「あんっ!」

思わず大きな声が出てしまう。
声に応えるように、藍の指が激しさを増す。

温かい感触がし、普段は隠れている部分に刺激を感じる。

「もうちょっと大きくしようね」

「…っ!」

クリトリスを吸われて、腰が跳ねた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52667Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52056Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39169Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31692Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22933Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22166Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21206Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19893Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18717Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18393Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る