どうか私だけを愛して

・作

私は人気アイドルグループ「エス」のメンバーであるリョウ君の大ファンだった。女好きで、夜遊びが激しいといううわさも絶えなかったが、私はそれでも彼が好きだった。そんなある日、仕事が長引いた夜の帰り道、怪しい男に声を掛けられ、強引にホテルに連れて行かれる。服を脱いだ姿を見れば、それはリョウ君だった――。

その日は仕事の終わりが遅くなってしまい、私は一人夜の街を帰宅しているところだった。

会社の近くは時々不審者が出没するという話も出ているため、帰る際には警戒する必要があったのだ。

理由はおそらくこの辺りにラブホが多いからだと思うけれど。

正直怖いので、勘弁してほしいものだった。

そんなことを考えながら歩いていると、突然声を掛けられた。

「やあ、お嬢さん。俺と一発、どうよォ」

黒いパーカーを羽織った謎の男は、私にそう言って声をかけてきた。

私は恐怖のあまり一歩後ろに引くが、腕を強くつかまれる。

なすすべもなく、私は近くにあったラブホテルへと連れていかれた。

*****

「じゃ、俺とりあえずシャワー浴びてくっから」

男は独特の香りを漂わせながら、シャワーに向かう。

(この香り、リョウ君と同じ香水なんだな…)

リョウ君というのは、私が追っかけをしているアイドルグループ「エス」のメンバーの一人だ。

少し俺様系なところが人気な、ワイルドな印象の青年だ。

彼のことが大好きだが、せいぜい遠くから見守ることくらいしかできないのかな…と思いながら、私は今日も彼に貢ぐためのお金をせっせと稼いでいた。

暫くして、男が出てくるとともに私は絶句した。

その姿はまごうことなく、リョウ君だったからだ。

顔はかなり赤くなっており、「どうしたの?早く」と一言。

酒の香りが漂ってきた。酔っぱらっているのは間違いないようだ。

私は足早にシャワーを浴びて、ベッドのほうへと向かった。

(リョウ君と、こんなことするだなんて、夢みたい)

 

*****

「遅いよ。さ、早く」

彼は吸っていたたばこを置くと、ベッドに来た私を押し倒した。

真上に、リョウ君の顔が迫ってくる。

「へえ、案外かわいい顔してんね」

そういうと彼は私にキスをするとともに、口の中に舌を潜り込ませた。

ぬるり、とした舌が口の中を激しく這う。

「あっあぁぁぁっ、まっ、んぐ」

私がつい声をあげてしまうと、彼は舌を出し私に向かって一言、微笑みかける。

「激しいキスは感じちゃうよね~、俺も好き」

 

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56599Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46430Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37947Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35232Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21799Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21290Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20110Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14677Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13899Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12827Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る