今年の夏はシークレット花火大会!ちょっと見物のつもりがなぜかエッチな展開に!

・作

毎年楽しみにしている夏の花火大会。でも、今年は開催場所が非公開。いざ当日、自宅から眺めるつもりが、この轟音!!すごい近所で打ち上げてる!?さっそく観に行ったら、会社の同僚男子とバッタリ遭遇!目前の花火の衝撃が、体の芯に火を付けて、エッチな炎が燃え上がる!?

「え?今年はやるの?花火大会…。シークレット!?」

花火好きの桃子は新聞を見て驚いた。

流行病の影響で夏祭りやイベントが軒並み中止になっている今日この頃、花火大会に限っては実施されるとの報道だ。

ただし、混乱を避けるため開催場所は非公開。

「まあ、当日は家の2階のベランダで、レモンサワーでも飲みながら眺めてますかねぇ…」

*****

そして、当日19時の薄暮れどき。

ドーン、バチバチバチバチ、ドーン、バチバチバチバチ…。

「あ、始まった!…けど、なんか結構近い!中央公園の方角だ」

桃子は気分だけでもと思って浴衣姿で、すでに缶チューハイを飲み始めていた。

この辺りで打ち上げ花火ができるような広いスペースと言えば中央公園のグラウンドくらいだろう。

徒歩5分もかからない距離だし、桃子はもっと近くで見ようと、矢も盾もたまらず駆け出していた。

向かう途中でもドーン、ドーンと何発か花火が上がり、近所の物好き達も公園を目指していた。

「桃子さん」

ばったり職場の同僚に出くわした。

「あ!俊介くん。あなたも花火に誘われて公園に行くところ?」

「うん。たまたまそこの総合スーパーに買い物に来てて、音がしたから、野次馬根性で観に行こうと思ってさ。桃子さん、浴衣、似合ってるね」

「ふふふ。ありがとう」

「あんまりセクシーでびっくりしたよ」

二人は自然に一緒になって公園入口に向かった。

*****

「あ!入口が封鎖されてる!」

「まあ、関係ない人が出入りしたら危ないから仕方ないよ…。集まってきた人たちも帰っていくよ」

「じゃあ、裏から入ろうか」

「え?抜け道があるの?」

「私は子供のころからここに出入りしてるから、秘密の入り口を知ってるわ。こっちよ」

「桃子さんはすごいね…」

「ほら、ここ。フェンスの継ぎ目のところにちょっと隙間があるでしょう?肩から蟹歩きで入ればなんとか通れるわよ」

「もう結構暗くなってきたし、なんか闇に紛れて悪事を働いてるみたい…」

ドーン、バチバチバチバチ!

花火が続いている中、妖しい二人の人影が公園に侵入した。

*****

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

今年の夏はシークレット花火大会!ちょっと見物のつもりがなぜかエッチな展開に!のレビュー一覧

  • 不愉快

    この作者は他の作品も含めて擬音語が下品。既に多くの方が同じことをコメントされていますが、女性向けサイトには合わず興ざめです

    14

    匿名 さん 2021年9月27日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57889Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49743Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38797Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32172Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22479Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19346Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18789Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15028Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13809Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る