遠距離恋愛中の彼との電話でえっちなことしちゃいました

・作

遠距離恋愛中の彼との電話。すれ違い気味だったせいで、久しぶりに聴いた声に思わず涙が…スイッチの入った彼と一緒にえっちなことをすることになった。言われるがまま自分で自分の敏感な場所を触ったり、カメラに陰部を映し出したりと指示は次第に過激になる。

祥太郎と私は遠距離恋愛中だ。

もう1年近く離れている。それでも月に1回は会えていたのに、ここ3ヶ月はお互い仕事が忙しく会えていない。会えないどころか電話やメッセージも事務的になっている。

このまますれ違って気持ちが離れていくのかな、最近はそればかり考えてしまう。

明日は久々に休めそう。ゆっくりお風呂に入ってリラックスしよう。

そう思っていたところ、祥太郎からのメッセージ。

“今夜ゆっくり電話できない?”

あぁ、嫌な予感がする。

電話の時間が遅くなりそうということなので、食事やお風呂を済ませてなるべく騒がしいテレビを流していた。気を紛らわしていないと嫌なことばかり考えてしまう。
ブブブブブブブっ。携帯のバイブ音が響いた。祥太郎からだ。気づかず寝てしまったことにしようか。ダメだ、問題の先送りなんて意味がない。何事もハッキリさせたいタイプの美沙は結局電話に出た。

『あ、美沙ー、久しぶり!いやー忙しかった!!美沙元気だった?今何してる?』

いつもと変わらない祥太郎の明るい声。戸惑いながら、私もずっと忙しくて会社と家の往復だったよ、と伝えた。

『もう眠いよね?こんな時間だしな。でも明日休みでしょ?俺も久々に休みだからさ、寝落ちするまで電話しちゃおうよ』と楽しげに誘ってきた。以前と変わらない笑い声。嫌な予感は自分の考えすぎだった。

「祥太郎…」名前を呼んだら涙声になってしまった。

『えー!?泣いてる?どうした?』祥太郎は予期せぬ出来事に慌てている。

「ごめん、祥太郎の声聞いたらなんだか涙出てきちゃって」

『仕事つらいの?それとも疲れてるのかな、傍にいてあげられなくてごめんね』

「ごめん。めんどくさいよね、大丈夫。仕事も忙しいけどやりがいあるから楽しいし」

『ふーん。じゃどうして泣いちゃったの?もしかして俺に会いたくてとか?はは、なんちゃって』茶化してる祥太郎にそうだよ、っと言いたかった。でも、それはそれでめんどくさい女っぽいな、と返答に困っていると

『俺は会いたかったよ。ずっと美沙に会いたかった』急に真面目なトーンに変わった。

『美沙は俺に会いたくなかった?美沙に会えなくて寂しいよ』祥太郎の真剣な声にキュンとなる。

美沙はこれまで堪えてきた気持ちが一気に爆発した。
「ずっと寂しかったし、会いたかった。最近ずっと電話もしてなかったしもうダメかと思ってた」言い終わると涙が止まらなくなっていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62933Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43456Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35192Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34429Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27276Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22138Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20308Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19998Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19955Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19759Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る