マッチングアプリの出会い

・作

とあるマッチングアプリで連絡を取り合い、気が合ったので会うことになった由香と彰。彼が指定したバーで待ち合わせ、そのまますぐのホテルに向かうことに。部屋に入ると我慢できなくなった彰に襲われる、魅惑の時間。

「…あの…もしかして、由香さん…ですか?」

私が待ち合わせのバーに入ったとたんに声を掛けられた。
振り返ると、スーツを着た男性が立っていた。

「はい、そうです。…彰さんですか?」

「そうです!初めまして」

丁寧にお辞儀してくれた彼はカウンター席にエスコートしてくれた。

「良かったらこちらにどうぞ」

「カクテル、お好きでしたよね?ここのカクテルは何でも美味しいんですよ!オリジナルもなんでも」

緊張しているのか、少し早口に話し出した。

「そうなんですね…ここはよく来られるんですか?」

はい…と答える彼とやっと目が合った。
清潔感のある外見に見とれてしまっていると彼が口を開いた。

「由香さんは、素敵ですね。お写真で拝見した以上に…」

自分の顔が赤くなるのが分かる。

あまりにもまっすぐ見つめられるので、目を離すタイミングを逃した。

「…急にごめんなさい。アプリで出会ったのに、つい…」

「い、いえ…ストレートで、少しビックリしました」

目が合ったまま、彼が近づいてくる。

「1杯飲んだら、行きませんか?近くのホテルに予約してるんで…」

耳元で囁いた。

*****

彰とはアプリで出会った。

それは恋人を探すためのものではなく、一夜限り希望、アブノーマル希望、不倫希望、そんな一風変わったパートナーを探す為のマッチングアプリ。

私と彼は体の関係のみ、合えば継続希望の募集で出会った。

今夜会うのも、身体の関係前提として。

お互いに独身だけど恋人関係にはならない。万が一合わなければ後腐れなく別れる。

こんなすぐにホテルに行くとは思わなかったが。

*****

本当にカクテルを1杯飲み終わるとホテルに向かった。
ホテルに着くとロビーからエレベーターに乗り、足早に部屋に向かう。

部屋のドアを開けると、彼が中に招いた。

「どんな部屋が良いか分からなくて…大丈夫ですか?」

ジャケットをソファに掛け、窓まで行きカーテンを開ける。
その部屋は最上階に近く、広がる風景は幻想的だった。

「いえ、凄く綺麗です。わざわざ、ありがとうございます」

振り返り、彰さんの顔を見ようとすると彼の顔が近づきキスをした。

「あ、きら…さん…んんぁ」

そのキスはすぐに離れた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72286Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38213Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37672Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26852Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26272Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25593Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24152Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20449Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19879Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17563Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る