記憶をなくすと…

・作

私、綾乃は秘書として若社長の洸太の元で働いている。ある日、車の中で勧められた飲み物を口にすると意識が遠のき、目を覚ますと見知らぬ部屋。自由を奪われ、いじり倒され、快楽の渦に落ちる。このまま身体だけの関係で終わってしまうのか…

「ん~…?」
私は手首の違和感から目を覚ました。
天井のライトが眩しく、目を覆おうと手を動かそうとするがそれは叶わなかった。

両手両足は縄で括られ、ベッドに繋がれていた。

(…どこ?ここ…。何、これ…)

頭の動く範囲で周りを確認していると、ベッドの足元の方向にあるドアからガチャっと音が聞こえ、かすれる声で訴えた。

「…あの…これ取っ」

「もう起きたの?早ッ。それとも耐性があるとか?」

入ってきたのは、社長だった。

*****

私、綾乃は秘書として若社長、洸太に就いている。

前社長から秘書として働いているので就任間もない彼のサポートも兼ねて続けさせてもらっている。

フットワークも軽く取引先の方々に誘われると二つ返事でOKを出してしまうので、そこのフォローが多い。
翌日の仕事に穴を空けるわけにはいかない。

今日も2件目で切り上げてもらおうと耳打ちをした。

「そろそろお時間が…」

「ん、分かった。社長、せっかくなんですがそろそろ~」

*****

「あぁ~助かった~。あそこの社長、酒強いんだよ…あぁ~飲み過ぎたぁ」

「飲むのはいいですが、自分のペースを守ってください。明日の仕事に差し支えますよ」

取引先の社長に断りを入れ、帰宅の途に就いた。
タクシー内の彼は酔いが回り、いい気分な様子。

「綾乃さんはいつも冷静だよね~何杯付き合ってくれたの?あ、今日は水買っておいたんだ~」

「…ありがとうございます。私は3杯程度しか飲んでいませんよ」

差し出されたペットボトルのキャップを空けながら答える。
口を付けて続ける。

「明日は10時から…」

その途中で目の前に居る社長が回り始めた。まるで、強いお酒を飲んだ様な感覚。

(あ、れ?回る~)

「…綾乃さん?どうしたの?綾乃さん?」

彼の声が聞こえ、そこで私の記憶が途切れた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56611Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46464Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37954Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21816Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21293Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20113Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14679Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13911Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12836Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る