在宅勤務で弄ばれてウズウズ

・作

同棲中の愛美と洋平。今はお互いに自宅で働いている。隙あらば彼女の体を触りまくる洋平に、つい感じてしまう愛美。今日もお昼ご飯を作る愛美の体を触り始める。危ないとたしなめる愛美だが、洋平の手が悪戯を始め抗えずに…

洋平と付き合って二年、すぐに同棲したので一年半一緒に住んでいる。
このご時世で、お互いに在宅勤務。
私はリビング、彼はダイニングで仕事をしている。

「お疲れ様!先にお昼に入るよ。食べる時間ある?」
「うん、あと五分で終わらせるから…愛美、作ってくれる?」

頑張る、と腕まくりをしながらキッチンに向かう。
冷蔵庫の中身を確認して、何個か食材をピックアップしまな板に向かい包丁を握る。

「な~に作ってくれるの?」

背後から洋平が抱き付いてきた。

「ちょっと!包丁触っていたら危ないでしょ?急に来ないでよ~」
「動いてないのにお腹が減ったんだもん。あと愛美が切れた~。補給させて~」

そんな事を言いながら、抱きしめる彼の腕の力が強まる。

「ちょっと、料理中だって…」

何も言わずに、ブラウスのボタンを一つ外し指が入ってくる。
そのまま下着の上から胸を擦る。

「え?まだ仕事中じゃ…んん」

彼は答えずに擦り続ける。

私はたまらずに包丁を置き、洋平の方へ向くと少し上に彼の顔があり思わずキスをする。

「あれ?仕事中だからって、さっき断らなかった??」

背伸びをし意地悪を言う彼の口を塞ごうと試みるが、顔を逸らされる。
キスが叶わずに、目を開けると彼と視線が合いフッと笑われる。

「愛美…続き、したいの?仕事中なのに?」
「だって…洋平が胸、触るから~」

そのまま彼は微笑んで、何も答えない。
そして、次第に洋平の顔が近づいてきた。

「愛美、どうしたい?…決めて?」

私の目の前に彼の顔。唇が触れるか触れないかの距離で寸止め。

「私…?洋平は…?」
「俺じゃないよ…決めるのは愛美だよ」

私は小さく「したい」と答えると、彼にすぐさま口を塞がれる。
舌にされるがまま、弄ばれる。

「ん~…」

だんだんとキスに真剣になっていると、PCからメールの通知音が鳴るのが聞こえた。

「あ、俺かな…?残念」

名残惜しそうに、洋平の唇が離れる。
背中に回っていた彼の手が私の手を掴み、そのままPCの前に向かう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60160Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42274Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37018Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25811Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23937Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18865Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17471Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16604Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る