無口な無藤君が喋る時

・作

大学生のゆかりは、友人に彼氏である無藤君との惚気を聞かせろと言われるが、言葉を詰まらせなかなか話さない。ゆかりが惚気を話したがらない、その理由は――……。普段は無口と知られるゆかりの彼氏、無藤君。そんな彼がお喋りになるときのお話です。

「ねえねえ、ゆかりって無藤君と付き合ってて楽しい?」

ランチタイムに突然友人の理子から投げかけられたこの言葉。

理子からそんなことを言われるだなんて思っていなくて、私は口いっぱいに詰め込んでいた卵焼きで喉を詰まらせかけた。

「え、突然何?!」

「だって無口でクールな無藤君が好きだって言ってアタックしたのはゆかりだけどさ、なんにも惚気てくれないじゃん」

「いやまあ……」

「無藤君て講義で当てられても声小さいって言われるし、普段何考えてるのかわからないじゃん。一緒にいて楽しい?」

紙パックの野菜ジュースを飲みながら、理子はジト目で私を見てくる。

確かに私の彼氏、無藤君のことに関しては理子の言うことは正しい。

寡黙で、そこにいるはずなのにいないような空気感を持っている無藤君。

私はある時、同じ講義で出会ったそんな彼に一目惚れして、ダメ元で猛アタックを仕掛け告白した。

すると予想外というか、拍子抜けというか、あっさり「いいよ」という返事をもらったのだ。

普段女子グループと騒がしくやかましい、無藤君とは対照的な私が、だ。

そんな彼と付き合って三か月が経過するのだが、小学校から付き合いのある理子にでさえ無藤君とのことは話していない。

だって、無藤君とのことはなんというか、人には話しにくいというか、まだ隠していたいというか。

すると理子が何かに気付いたように、私の背後を指さす。

振り向いてみると、そこには無藤君が立っていた。

「うわあ?!」

「……やあ」

私のリアクションにも特に反応しないこの彼こそ無藤君。

今日も相変わらず無口と無表情で何考えているのかわからないけど、それがいい。

「ど、どうしたの……?」

「今日、そっちの家いくから」

「う、うん!バイトあるから21時過ぎに来てね!」

用件だけ言い終えた彼はすたすたと遠ざかって、雑踏の向こう側に消えた。

無藤君の背中を見送ってから理子の方へ顔を戻すと、理子はとってもニヤニヤして私を見ていた。

「な~んだ。思ってたよりラブラブじゃん。返事も聞かず、しかも確定事項として家に行くなんて言っちゃってさ」

「まあ、うん。あはははは」

「で、どうなの?もうヤッちゃった?」

そんな直球で聞く?

真昼間で周りにも人がいるってのに、本当に理子ってデリカシーがない。

「あ、わかった。ヤリまくってて惚気られることがないんでしょ。普通のデートとかしてないから」

理子は昔からこの調子で、私が黙っておきたいことを言い当ててペラペラと喋りまくる。

ほぼ肯定ととれるようなだんまりをしてしまう私がわかりやすいというのは確かにあると思うんだけどさ、それにしてもだよ。

「今度普通のデートの仕方、教えてあげようか?」

「いや、あんた彼氏いたことないじゃん……」

「失礼な!今にできるって!」

そんな馬鹿なことを話してたら次の講義の時間が近づいてきてバタバタと走り出す。

それからバイトをして、夜が来て、無藤君が家に来て、あっという間に寝る時間になって一日が過ぎていく。

でも、寝るのはまだ先だ。

公開日:

感想・レビュー

Average:(average: 5 out of 5. Total: 1)
1件のレビュー

無口な無藤君が喋る時のレビュー一覧

  • キュンでした。

    (5/5)

    エッチの時の掛け合いがとてもキュンキュンして良かったです。
    2人のお喋りと無口の切り替わりポイントがたまりません。

    9

    二矢 さん 2020年6月8日

レビューを書く

Please rate

カテゴリー

月間ランキング

  1. 極上旦那様のセックスはしつこいほどに甘い

    winter333232024Views

  2. 絶倫!となりのイケメン大学生

    アンノアンズ31259Views

  3. いぢわる☆パレード

    将軍25460Views

  4. 出張彼氏とスローセックス

    アンノアンズ21001Views

  5. プラトニックラブなんていらない

    アンノアンズ20918Views

  6. 執着夫 ~嫉妬は蜜の味~

    アンノアンズ20914Views

  7. 幼なじみが欲しい

    白藍19262Views

  8. 一人エッチはバレてたの?年上執事に調教されていく…

    ルビア18465Views

  9. 同僚に想いを打ち明けられてねっとりとしたエッチ。彼の濃厚な愛撫にどんどんみだらになっていき…。

    はなちる17006Views

  10. お隣さんに色仕掛け

    winter333216973Views

最近のコメント

人気のタグ

えろい あまあま 愛撫 キス ベッド以外 愛のあるSEX ラブラブ ちょっと強引に 彼氏 我慢できなくて クンニ いじわる クリトリス イキっぱなし クリ責め 思わぬ展開 言葉責め フェラ 敬語 乳首責め 好きな人 潮吹き かなりえろい 年上の男性 挿入なし スリル 淫語 焦らしプレイ 年下クン 胸きゅん

すべてのタグを見る

作家一覧

  • 桜花 (18)
  • 蕎麦枕 (17)
  • 柚木梓澄 (16)
  • アンノアンズ (15)
  • 蜜豆 (15)
  • sabatsuna (13)
  • 白藍 (11)
  • 夢峰子 (9)
  • 胡桃花 (9)
  • winter3332 (8)
  • かりん (6)
  • 眉子 (6)
  • 蓮根小万峙 (5)
  • 将軍 (5)
  • 愛衣 (5)
  • ハトフク (5)
  • miho (5)
  • 床井 (5)
  • アーニャ (4)
  • あすか (4)
  • ルビ (4)
  • 冬宮あみ (4)
  • Maggie (3)
  • neru (3)
  • ひめいちご (3)
  • 王林 (3)
  • シーラモンド (3)
  • 雪池 (2)
  • まさを (2)
  • 哀凪 (2)
  • 黒猫 (2)
  • 森野ひつじ (1)
  • はなちる (1)
  • 夢見 (1)
  • 鍋島ねねこ (1)
  • melody (1)
  • 七瀬 (1)
  • 柊なな (1)
  • たからやままおり (1)
  • ミチル (1)
  • ミニミニ (1)
  • bell (1)
  • ルビア (1)
  • 桔梗楓 (1)
  • minorin (1)
  • ヤスノ (1)
  • ミソラ (1)
  • emily (1)
  • 笹川よる (1)