感じちゃダメなカレは、甘い毒

・作

「別れたいの、純也」そう告げた私を純也は会議室に強引に連れ込み、無理矢理服を脱がせ始めた。こんなところでダメ!なのに私ははしたなくオフィスの会議室で抱かれてしまう。別れの理由を問い詰められても答えられないでいる私に、怒った純也は体をつなげたまま、私の目の前でドアを開けようとして…!

「ちょっとっ、やめて、離してっ!」

彼は無言で私の腕を掴み、強引に廊下を進んだ。

「だ、誰かに見られたらどうするの?!」

「見られればいいよ」

冷たく言い放って、私を連れ込んだ先は会議室。
終業後の時間だから誰もいない。一応は。でも誰がどこに残っているか分からない。

ドアを閉めた純也がいきなり私にキスしてきた。

「んっ、や、は…なして!」

ダメだった。

両手をとらえられて、覆い被さられ、私の後ろには会議室のテーブル。

不安定に後ろに傾いた体を支えきれなくて、目の前の純也のシャツにしがみついた

「ぁ、ん、ん」

絡められる舌。呼吸を奪うほど激しく熱い唇が私を暴いていく。彼しか知らないことまでを。

「ふあっ、ん、ぁ、あ」

舌先でくすぐられると声を漏らしてしまうこととか、歯がかち合うほど深く責められると腰にキちゃうこととか。

もう何度もこの人としているから全て知られている。

「ん、や、やだ、ダメッ」

胸に触れてくる手に逆らえないことも。彼には知られていた。

「お願い、ここ、会社よ?!やめて、お願いだから…っ」

「なら別れるって言ったの、取り消してよ」

「!」

それはダメ。

だって…。

俯いた私に純也が囁く。

「ウソだよね、ユリ。俺と別れたいって言ったのは。今なら許すよ」

「ウ、ウソ、じゃ…」

「…」

「ウソじゃない…本当よ。私、純也と別れるから…ほんとに…キャッ!」

言った途端、ぎゅうっと胸を掴まれて悲鳴を上げた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57720Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49422Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38738Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32126Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22429Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19318Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18763Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14998Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13770Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13089Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る