目つきの悪いアイツが大嫌い

・作

久しぶりに会った目つきと口の悪い勝生は、消防士になったばかりの幼馴染。彼氏にフラれたばかりの私は勝生を相手にヤケ酒を飲んでいたら、突然“三歳の頃から私のことが好きだった”と告白されてしまう。おまけに今夜だけでもいいから抱かせろと誘われてつい一緒にホテルに。口が悪いくせに優しく慰めてくれる勝生の腕は、記憶にあるよりもずっと逞しくて…。

半年ぶりの実家までの道は夕暮れも過ぎて寒かった。

「げっ」

駅からの最初の角を曲がった途端、足が止まる。

「げって何だよ、カナ」

後ずさった私に、見上げるほどの上背の勝生(かつき)が口をひん曲げた。

「だって、まさか実家に帰った日にばったり会うとは。…っていうかあんた、確か全寮制の消防士学校に行ったんじゃなかったの?」

「いつの話だ。とっくに卒業しとるわ」
「じゃなにやってんの」

「資格試験のついでの年末帰省。お気楽な大学生のカナと一緒にすんな」

「はぁー?私だって春から立派な社会人ですぅ」

目つきがキツくてあけすけな物言いをする勝生は幼稚園からの幼なじみだけど、別に仲がいいわけじゃない。

そりゃちっちゃい頃は一緒に遊んだけど次第にそういうのも無くなり、中高も一緒だった腐れ縁でこうやってただズケズケ言い合うだけの関係だった。

「何かあんた、でかくなってない?」

「あー、訓練でめちゃくちゃ体使ってっからな。若いうちは技術大会目指さないといけねえから」
「何それ」

「消防士の大会。死ぬほどキツい」

「へー…ちゃんとやってんのねえ」

子供の頃は私よりちっちゃかったくせになぁ。

「お前は…彼氏と別れたのか」

「は?!え?!何で分かんの?」

「何でって、フラれる度にそうやって肉まん一気買いしてくんだろお前」

「うっ」

その通りだった。ぶら下げていたコンビニ袋をコソコソ背中に隠す。

「ほんっとデリカシー無くて目つき悪いあんたのこと、大っ嫌いだわ私」

「…で、何人目のだよ。その肉まん」

「うるさい!」

「貸せ」

「ちょっと?!何やってんの返してよ!」

「あちち…、お、これプレミアムビッグのやつじゃん。しかも二個」

「返して!」

「ほらよ」

「全部よ!…て、あっ!」

勝手に取り上げた袋から一個取り出したかと思うとむしゃむしゃ食べ出した勝生に、あっけに取られる。

「いいからそれ食って飲みに行こうぜ」

「はあ?」

口から湯気を出して私のプレミアムビッグ角煮まんを頬張りながら、勝生はスタスタ歩きだした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66162Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22180Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18540Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18075Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る