勘違いから始まる彼との長い夜

・作

ピンヒールにネイル、突き出た喉仏と女性よりは少し低い声。バーで知り合った、優しくて話の合うきれいな顔をしたオカマ(?)の友だち・カズくんは、私・ミオにとって親友であり、まさに理想の彼氏像にぴったりな男性だった。初めてカズくんを家に招くことになった私は、ひょんなことで彼に組み敷かれてしまう。どうして?カズくんはオカマだったんじゃないの!?少し乱暴に、でも優しい愛撫。彼とのセックスは勘違いから始まっちゃった!

私には変わった友達がいる。

いつもニコニコ笑っていて、掴みどころのない男の人。

行きつけのバーで隣に座っていた彼が気さくに話しかけてきて、仲良くなったんだっけ。

きれいに整った顔と、たばこの似合う長い指先。

細い目元は、笑うとさらに糸のように細くなって色っぽい。

そんな彼は、私を見ると決まってこういうのだ。

「ミオは本当にお人形さんみたいね」

最初に声をかけられたとき、男の人なのか女の人なのか、一瞬わからなかった。

足元はピンヒール、爪にはしっかりネイルが乗っていたから。

でも、喉仏はしっかり突き出ているし、声も女性のそれよりは少し低くて。

ああ、この人、オカマなんだ。

次の瞬間には理解していた。
 

*****

 
 
今日も彼・カズくんと行きつけのバーで待ち合わせをして、たくさん話をした。

他愛もない話を続けているうちに、いつの間にかいい時間になっていて、バーを出た後は私の家で飲み直すことになった。

彼を家に上げるのは初めてで、少し緊張する。

そういえば、ちゃんと掃除してたっけ。

カズくんを玄関に入れて、私はすぐに冷蔵庫へ向かった。

冷蔵庫の中には、昨日買ったおつまみと缶ビールがぎっしり詰まっている。

こんな中身を見たら、彼は幻滅するだろうか。

少しだけそれを整理しようと思った矢先、後ろから「うわあ」と小さな声が聞こえてきた。

「アンタ、二十代前半でその冷蔵庫はアウトよ」

「ち、ちょっと見ないでよ!」

勢いよく冷蔵庫の扉を閉めて、私はカズくんの肩をぐいぐいと押し戻す。

でも、びくともしない。

いつもヒールを履いていたからわからなかったけれど、彼は背が低いわけではなかったみたいだ。

ヒールを脱いだ今でも、カズくんの顔は少し見上げないといけない。

カズくんはあきれたようにため息をついて、私の頭を手でぐしゃぐしゃにかき回した。

「家に上げたのはアンタでしょー。全く、これだから彼氏ができないのね」

「うう…っ!」

なにもいい返せない。

それは事実なのだから。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68619Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39285Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33365Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27662Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27497Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22643Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19774Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17898Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る