勘違いから始まる彼との長い夜

・作

ピンヒールにネイル、突き出た喉仏と女性よりは少し低い声。バーで知り合った、優しくて話の合うきれいな顔をしたオカマ(?)の友だち・カズくんは、私・ミオにとって親友であり、まさに理想の彼氏像にぴったりな男性だった。初めてカズくんを家に招くことになった私は、ひょんなことで彼に組み敷かれてしまう。どうして?カズくんはオカマだったんじゃないの!?少し乱暴に、でも優しい愛撫。彼とのセックスは勘違いから始まっちゃった!

私には変わった友達がいる。

いつもニコニコ笑っていて、掴みどころのない男の人。

行きつけのバーで隣に座っていた彼が気さくに話しかけてきて、仲良くなったんだっけ。

きれいに整った顔と、たばこの似合う長い指先。

細い目元は、笑うとさらに糸のように細くなって色っぽい。

そんな彼は、私を見ると決まってこういうのだ。

「ミオは本当にお人形さんみたいね」

最初に声をかけられたとき、男の人なのか女の人なのか、一瞬わからなかった。

足元はピンヒール、爪にはしっかりネイルが乗っていたから。

でも、喉仏はしっかり突き出ているし、声も女性のそれよりは少し低くて。

ああ、この人、オカマなんだ。

次の瞬間には理解していた。
 

*****

 
 
今日も彼・カズくんと行きつけのバーで待ち合わせをして、たくさん話をした。

他愛もない話を続けているうちに、いつの間にかいい時間になっていて、バーを出た後は私の家で飲み直すことになった。

彼を家に上げるのは初めてで、少し緊張する。

そういえば、ちゃんと掃除してたっけ。

カズくんを玄関に入れて、私はすぐに冷蔵庫へ向かった。

冷蔵庫の中には、昨日買ったおつまみと缶ビールがぎっしり詰まっている。

こんな中身を見たら、彼は幻滅するだろうか。

少しだけそれを整理しようと思った矢先、後ろから「うわあ」と小さな声が聞こえてきた。

「アンタ、二十代前半でその冷蔵庫はアウトよ」

「ち、ちょっと見ないでよ!」

勢いよく冷蔵庫の扉を閉めて、私はカズくんの肩をぐいぐいと押し戻す。

でも、びくともしない。

いつもヒールを履いていたからわからなかったけれど、彼は背が低いわけではなかったみたいだ。

ヒールを脱いだ今でも、カズくんの顔は少し見上げないといけない。

カズくんはあきれたようにため息をついて、私の頭を手でぐしゃぐしゃにかき回した。

「家に上げたのはアンタでしょー。全く、これだから彼氏ができないのね」

「うう…っ!」

なにもいい返せない。

それは事実なのだから。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵46901Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵41615Views

  3. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田38208Views

  4. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月37767Views

  5. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ35165Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ32694Views

  7. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも32110Views

  8. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも25976Views

  9. なかなか手を出してくれない憧れの先生の、こじらせた性癖をぶっ刺した夜

    まゆり19096Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18184Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る