お姉さまと呼んで慕ってくる後輩にイタズラされて、気持ちよくなってしまい…

・作

職場の後輩の家で呑んでいると胸を揉まれてしまう。最初はふざけているのかと思ったけれども、だんだんと手付きが怪しくなっていき、止めてと言っても止まってくれなくて…。

「美智留お姉さま!」

仕事も終わり、更衣室で着替えていると後輩の萌香ちゃんがやってきた。

「お疲れ様です!」

「ええ、お疲れ様」

萌香ちゃんは半年前にうちの会社に入社してきた女の子だ。

私が指導係としていろいろと教えたのだが、それが影響したのかとても懐かれてしまった。

物覚えがよく、仕事にも一生懸命なこの後輩のことを私も気に入っているので、それは嬉しい。

けれども、私をお姉さまと呼ぶのはどうかと思う。

何度言っても食い下がるので、人前で呼ばないことを条件にこちらが折れてしまったのだが。

「あの、明日休みですから、これから私の家に遊びに来ません?」

「萌香ちゃんの家に?」

「はい!美智留お姉さまがよかったら、なんですけど」

「そうね。それじゃあ、お邪魔しようかしら」

「やった!」

この歳になると、友人の家に遊びに行くなんてほとんどなくなる。

最近は結婚や出産する友人も増えたし、今回を逃せば今度はいつになるかもわからない。

嬉しそうな萌香ちゃんにつられて、私も少し浮かれた気持ちで着替えを済ませる。

萌香ちゃんの家にはたくさんのお菓子やお酒が用意されていて、夜遅くまでおしゃべりが続いた。

酔いもまわり、いい感じにできあがってきた頃、萌香ちゃんがおもむろに口を開く。

「それにしても、美智留お姉さまって胸大きいですよね」

「え?そう?」

「ええ!私、小さいから羨ましいです」

確かに人並みに大きいとは思うけれど、言うほどだろうか?

それに萌香ちゃんだって、小さくは見えないけれど。

「美智留お姉さま、少し触らせてください」

萌香ちゃんはそう言うやいなや、了承する前に私の胸を揉みはじめた。

「ちょ、萌香ちゃん」

「わあ!柔らかーい!」

私はなんとか彼女を引き剥がそうとするが、酔っているせいか力がうまく入らない。

「萌香ちゃん、止めてってば」

「ふふ、いいじゃないですか。減るもんじゃありませんし」

萌香ちゃんはいくら言っても胸を揉み続ける。

「んもう、ちょっとだけだよ」

私は少しぐらいならいいかと、彼女の好きにさせることにした。

すぐに飽きるだろうと思ったのだ。

けれども、萌香ちゃんはいつまでも私の胸を揉み続ける。

そのせいで、ちょっと変な気持ちになってきた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉43371Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな31474Views

  3. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉29051Views

  4. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田26097Views

  5. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな25034Views

  6. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも22365Views

  7. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢17669Views

  8. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ14672Views

  9. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな14422Views

  10. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵13227Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る