お姉さまと呼んで慕ってくる後輩にイタズラされて、気持ちよくなってしまい…

・作

職場の後輩の家で呑んでいると胸を揉まれてしまう。最初はふざけているのかと思ったけれども、だんだんと手付きが怪しくなっていき、止めてと言っても止まってくれなくて…。

「美智留お姉さま!」

仕事も終わり、更衣室で着替えていると後輩の萌香ちゃんがやってきた。

「お疲れ様です!」

「ええ、お疲れ様」

萌香ちゃんは半年前にうちの会社に入社してきた女の子だ。

私が指導係としていろいろと教えたのだが、それが影響したのかとても懐かれてしまった。

物覚えがよく、仕事にも一生懸命なこの後輩のことを私も気に入っているので、それは嬉しい。

けれども、私をお姉さまと呼ぶのはどうかと思う。

何度言っても食い下がるので、人前で呼ばないことを条件にこちらが折れてしまったのだが。

「あの、明日休みですから、これから私の家に遊びに来ません?」

「萌香ちゃんの家に?」

「はい!美智留お姉さまがよかったら、なんですけど」

「そうね。それじゃあ、お邪魔しようかしら」

「やった!」

この歳になると、友人の家に遊びに行くなんてほとんどなくなる。

最近は結婚や出産する友人も増えたし、今回を逃せば今度はいつになるかもわからない。

嬉しそうな萌香ちゃんにつられて、私も少し浮かれた気持ちで着替えを済ませる。

萌香ちゃんの家にはたくさんのお菓子やお酒が用意されていて、夜遅くまでおしゃべりが続いた。

酔いもまわり、いい感じにできあがってきた頃、萌香ちゃんがおもむろに口を開く。

「それにしても、美智留お姉さまって胸大きいですよね」

「え?そう?」

「ええ!私、小さいから羨ましいです」

確かに人並みに大きいとは思うけれど、言うほどだろうか?

それに萌香ちゃんだって、小さくは見えないけれど。

「美智留お姉さま、少し触らせてください」

萌香ちゃんはそう言うやいなや、了承する前に私の胸を揉みはじめた。

「ちょ、萌香ちゃん」

「わあ!柔らかーい!」

私はなんとか彼女を引き剥がそうとするが、酔っているせいか力がうまく入らない。

「萌香ちゃん、止めてってば」

「ふふ、いいじゃないですか。減るもんじゃありませんし」

萌香ちゃんはいくら言っても胸を揉み続ける。

「んもう、ちょっとだけだよ」

私は少しぐらいならいいかと、彼女の好きにさせることにした。

すぐに飽きるだろうと思ったのだ。

けれども、萌香ちゃんはいつまでも私の胸を揉み続ける。

そのせいで、ちょっと変な気持ちになってきた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62798Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43320Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35159Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34423Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27246Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22101Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20293Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19975Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19947Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19675Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る