気になる彼との初めての夜。彼の優しい愛撫に心も体も満たされて……

・作

気の乗らない飲み会で一人飲んでいたら、気になる彼に話しかけられて急接近。そのまま家にお呼ばれされることに。互いに求めあって、そこで味わったのは、幸せいっぱいな初めてのエッチ。

「はあ……帰りたい」

賑やかで笑い声の絶えない宴会場の片隅で、私は小さくため息をついた。

今日は会社全体での飲み会で、よっぽどのことがない限り全員参加なのだが、特に親しい同僚もおらず、お酒も飲めない私には憂鬱な時間でしかない。

ちらりと時計に目をやると、終了時間までまだ時間がある。

(早く終わんないかなぁ……)

そんなことを思っていると、誰かが近づく気配がする。

顔をあげると同じ職場の瀬川さんがいた。

「退屈そうだね、水谷さん」

「……すいません、こういう空気って苦手で」

「いいよ。僕もあまり得意じゃないから。隣、座ってもいい?」

「はい、どうぞ」

少し横にずれながら、私の胸はドキドキしていた。

瀬川さんは仕事でわからないところを丁寧に教えてくれるし、困っているとフォローもしてくれる。

穏やかで優しくて、ずっと前から気になっていた人だ。

「水谷さんってお酒は飲まないの?」

「はい、すぐに酔っちゃうんです。瀬川さんは?」

「俺も飲めはするけれど、仕事の付き合い以外では飲みたいとは思わないかな。飲み会も強制参加じゃなかったら、さっさと帰ってゆっくりしたい」

「あ、わかります。何かするわけでもなく、家でゆっくり過ごしたいですよね」

「はは、わかってもらえて嬉しいよ……ところでさ」

瀬川さんが私の手を握ってきた。

驚いて彼の顔を見ると、彼は悪戯っぽい笑みを浮かべている。

「飲み会の後、予定ある?」

「……いいえ、特には」

「じゃあさ……」

瀬川さんの指が私の甲をゆっくりと撫でた。

それがなんだか愛撫されているようで、私の体温は上がっていく。

「この後、俺の家に来ない?」

その言葉に、私は小さく「はい」と頷いていた。

飲み会も終わり、瀬川さんの家を訪れた私はそのまま彼に抱きしめられた。

「ん、はあ……ちゅっ」

「……ん、あ……ん」

瀬川さんが何度も私に口づけをする。

その度に私の体は熱くなり、内側から溶けていくようだ。

「ふふ、水谷さんは可愛いね」

「そういう冗談は、止めてください……」

「冗談なんかじゃないよ。前からずっと、そう思ってたんだ」

瀬川さんの指が私の服のボタンをゆっくりと外していく。

こんなことになるなら、もっと可愛い下着を着てくるんだったと後悔に襲われる。

「緊張してる?」

「……少しだけ」

「……優しくするよ」

そう言って瀬川さんはそっと私の胸に触れた。

宣言通りその手には性急さはなく、丁寧に胸を揉んだ。

そのうち、右手だけが下に伸びてショーツの上から私の敏感な部分を撫でる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52669Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52056Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39171Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31694Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22933Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22166Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21207Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19898Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18717Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18395Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る