たまたまバーで出会った男性と、一夜だけの濃厚セックス!甘い快感が止まらない

・作

自暴自棄になって駆け込んだバーで出会った一人の男性。気づいたらホテルにいた私は、彼と一夜をともにすることになっていた。最初は逃げようかと思ったけれど、まるで本物の恋人のように優しく愛されて、身も心も蕩けるような快感に包まれていく……

最近、なにもかもうまくいかない。

仕事では上司に怒鳴られ、プライベートでは結婚まで考えていた彼氏にフラれた。

ストレスに耐えきれなくなった私は、ある夜逃げるようにバーに駆け込んだ。

記憶がなくなるまでお酒を飲んでやろうと思ったのがよくなかった。

気づいたら私は、バーで出会った男性とホテルに来ていたのだ。

深夜のバーで、偶然隣の席だっただけの男性と、一夜をともにしようとしているなんて。

普段の私では考えられないことだ。

シャワーの音が聞こえてくる。

私はどうしようと頭を抱えた。

いつのまにかアルコールが抜けてしまって、ここまで来た時の勢いはすっかり衰えていた。

着慣れないバスローブの下は全裸だ。

せめて下着をつけよう、いや、ちゃんと着替えて彼がシャワーを終える前に逃げてしまおう。

そう決心した矢先、上機嫌な彼が部屋に戻ってきてしまった。

「沙也香さん、綺麗だよ」

私の隣に座って、耳元で甘い言葉を囁く。

イケメンにそんなこと言われたら、ちょっといい気分になってしまう。

だって、ここしばらく悪いことばかり続いたから。

「あ、あの…えっと…貴方は…」

「僕は一馬。もう名前忘れちゃった?」

「わ、忘れてないです。ただ、本当に、その…」

彼は困ったように微笑んだ。

「怖くなっちゃった?大丈夫、優しくするよ。約束する」

「本当にいいのかな。こんなこと」

「沙也香さん、彼氏と別れたんだよね」

私は頷いた。

「沙也香さんには彼氏がいない。僕にも彼女はいない。意気投合した僕らはお互いの合意の上でエッチする。それって自然で、普通のことじゃないかな」

「ひゃっ!」

一馬は私の頬にキスをした。

顔が熱くなる。

彼がくすっと笑うのがわかって、堪らなく恥ずかしくなった。

「二人で素敵な夢を見よう。今夜だけでも。僕は、きっと沙也香さんに出会うためにあのバーにいたんだよ」

なんてロマンチックなことを言う人だろう。

バーでもこんなだっただろうか。

いや、記憶がない。

でも、彼の優しい笑みを見ていると、心がほっと和らいだ。

彼は私のバスローブの中に手を突っ込んで、ゆっくりと胸を揉み始めた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72403Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38238Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25619Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24161Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る