高校時代、ずっと憧れていた先輩と偶然に再会して、初恋の続きをすることに

・作

高校生の時、ずっと憧れていたひとつ上の先輩と、偶然に再会した私。以前は綺麗な恋人がいた先輩も、今は一人。昔の想いがよみがえり、その場で告白。想いは実り、先輩にバージンを捧げる。

仕事帰り、街で偶然、高校時代の先輩と再会した。

「大地先輩ですか?わあ、お久しぶりです」

「真咲か?何年ぶりだろうな。元気だったか?」

「はい!」

高校生だった頃、私はずっと先輩に憧れていた。

でもその気持ちを打ち明けたことはなかった。

その当時、先輩には付き合っている彼女がいた。

彼女は先輩と同じ学年で、とても綺麗な人だった。

読者モデルとして雑誌に載ることもあったらしい。

ふたりが一緒にいる様子はまるでドラマのワンシーンのように素敵で、他人が割り込めるような雰囲気ではなかった。

「よかったら、一緒に飯でも行こうか」

「はい、行きましょう!」

先輩が連れていってくれたのは、家庭的な雰囲気の小料理屋。

美味しい料理と高校時代の懐かしい思い出話で、ついついお酒の量も増えてしまう。

「先輩、あの時の彼女とは……」

「もう別れた。お互い、仕事で忙しくなって、逢う機会も減っていってな。自然消滅って感じだよ」

「そうだったんですか」

「そっちは?」

「聞かないでくださいよ。彼氏いない歴更新中です」

お酒の酔いもあって、私はつい、かつての気持ちを口にした。

「ねえ、先輩。私、先輩のこと、ずっと好きだったんですよ」

何年も胸の中にしまい込んでいた、秘密の想い。

きっと一生、誰にも打ち明けることはないだろうと思っていたけれど。

先輩はまっすぐに私を見つめ、低い声でつぶやくように言った。

「今も?」

「え……」

高校生の時よりも、大人になって深みが増した、その声。

耳元をそっとくすぐるようなささやきに、全身の力が抜けていく。

「……はい。今も――好き、です……」

「困ったな」

「え?」

先輩は微笑んだ。

テーブルに置いた私の手に、先輩の大きな手が重なる。

「そんなこと言われたら、食事だけで帰してやれなくなるじゃないか」

触れているのは手だけなのに、まるで全身が先輩のぬくもりに包み込まれているような気がした。

それ以上の言葉は必要なかった。

店を出て、ホテルに向かう。

夜景を見渡せるホテルの一室。

灯りもつけないまま、キスをする。

キスだけで、目の前がくらくらして、頭の芯がぼうっとしてしまう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52793Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52155Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39205Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31898Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22967Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22199Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21230Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19936Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18724Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18486Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る