不倫相手と別れた夜に出会った、優しい青年。名も知らぬ人との心癒やされる一夜。

・作

三年間の不倫関係にけりをつけた夜、偶然立ち寄った店で私を迎えてくれたのは、一杯のホットトディと、優しい笑みの青年。一夜だけの偶然の出会い。互いの本名も知らないまま、彼はただ私の話を静かに聞いてくれ、そしていつか私たちは……。

三年間、付き合っていた人と別れた。

その人は既婚者だった。

別れたくないとすがりつくその人を振り払い、私は夜の街へ出ていった。

家路を急ぐ人たちの間をすり抜け、あてもなく歩き続ける。

家には帰りたくなかった。

ただひたすら歩き続け、やがて足の痛みでこれ以上歩けそうにないと思った時。

ふと、小さなお店の看板が目に入った。

「いらっしゃいませ」

初老のマスターが穏やかに出迎えてくれた。

ほの暗い店内に、かすかに煙草の匂いが漂う。

お客は私のほかに、ボックス席に座った数人のグループ客と、カウンターに若い男性がひとり。

若い男性というより、少年と言ったほうが似合いそうなくらいだ。

「何になさいますか?」

「あ、えっと……」

「お姉さん、寒そうだね。あったまるものがいいんじゃない?」

カウンターの男性客が話しかけてきた。

明るくて若々しくて、耳元をそっとくすぐってくるような優しい声だった。

「ぼくのおすすめは、ホットトディかな」

「ホットトディ?」

「ウィスキーのお湯割りに、はちみつやレモンで風味をつけるの。生姜とか入れてもおいしいよ」

「……じゃあ、それを」

「マスター。それ、ぼくからね」

「えっ?いいわ、そんな――」

「いいから、奢らせて」

普段なら、見知らぬ相手から奢ってもらうなんてありえない。

けれど今は、誰かの優しさを拒否することができなかった。

差し出されたグラスを受け取ると、カクテルのあたたかさが両手にじんわりと伝わってきた。

「お姉さんの名前、聞いてもいい?」

「えっ……」

優しい言葉は嬉しいけれど、名前までは――。

私が返事に迷っていると。

「じゃあ、ぼくが名前、つけてもいい?今夜だけの、お姉さんの呼び名。そうだなあ、撫子さん、なんてどう?」

「撫子……」

今夜だけ、ここだけのニックネームみたいなものだろうか。

それなら、いい。

「お姉さんも、ぼくになにか名前つけてよ」

「えっ?じ、じゃあ、一郎くん」

「一郎!いいね!」

彼は子供みたいにはしゃいだ。

「マスター。今日はぼく、一郎だから!」

「かしこまりました」

それから私たちは、グラスを傾けながら、長い間、話し込んだ。

と言っても、喋っていたのは主に私。

彼は優しい笑みを浮かべながら、私の話を聞いてくれていた。

気が付けば私は、別れたばかりのあの人のことを、何もかも彼に話していた。

「妻とはもう他人だ、お互い離婚を考えている――なんて、不倫する男の常套句よね。そんなの信じて、三年間もずるずると……。ほんと、馬鹿みたいよね」

話していると、目頭がじわっと熱くなってくる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75637Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵42590Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25946Views

  4. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ23016Views

  5. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり21869Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥20497Views

  7. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉18814Views

  8. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来18773Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18652Views

  10. しおこ16240Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る