止まらない振動に快楽堕ち

・作

突然の彼からの頼み事は、ローターを入れたまま仕事に行ってほしいというものだった。断りきれずにローターを挿入された私はそのまま職場に向かったけれど、遠隔操作のできるローターによって私はみんなに見られながらイかされてしまって…

「ねぇ、雪乃に頼みたいことがあるんだけど」

『頼みたいこと?珍しいね。どうしたの?』

「これを試させてほしくて」

駿はポケットの中から小さな箱を取り出した。

箱を開けると、中にはピンク色で卵のような丸い形をしたものが収まっていて…。

『…えっと』

使ったことはないけれど、これが何かは言われなくてもわかる。

「だめ?」

躊躇いはあるけれど、大好きな彼の頼みなのだ。

『こんな朝から?今から仕事だよ?』

「少しだけだから。お願い」

『うーん…少しだけなら…』

「嬉しい。ありがと」

これから何が起こるのか、この時の私はまだ知る由もなかったのだ。

「雪乃、こっちおいで」

駿の言葉に素直に近づくと、箱から取り出した玩具を目の前に差し出された。

「じゃあ早速これを雪乃のナカに入れるから」

そう言いながら、私の大事な所に触れる。

それだけで小さくぴくんと跳ねてしまう私の身体。

『うん…』

駿が私の下着に手をかけゆっくりと膝下までおろしていく。

露わになった私の秘部を駿の指が這う。

器用に指を動かしながら、小さな蕾を優しく刺激された。

『あっ…んっ…んっ…』

刺激に応えるように、秘部に咲く蕾はぷっくりと膨らんできた。

そんな私の恥ずかしいところに唇を這わせ、駿はチュクっと吸い付いた。

舌先で撫で回したり、時折小刻みに動かしたり…。

駿からの愛撫の追撃に、甘い声が漏れる。

『ああん…っ…やぁ…駿…だめぇ…あっ…ンッ』

「よく濡らしとかないとコレが入らないからさ。ま、これだけ濡れれば問題ないか」

駿はニヤリと笑うと、感じて身悶える私の太ももをおさえて、蜜の溢れる秘部に蓋をするかの如く、ローターをグッと押した。

ひんやりとした無機質な異物。

蜜で十分に濡れている私は、ローターを簡単に飲み込んだ。

『んっ…』

すっぽりと奥まで収まると、ナカから抜け落ちないように下着をぐいっと引き上げられた。

『え?』

下腹部に留まったまま異物感。

「雪乃はこのまま今から仕事へ行ってもらう。絶対に抜いちゃダメだからね?」

『嫌…こんなの無理だよ…』

「試させてくれるって言ったの雪乃だよ。これは上司命令ね」

そう。駿は私の恋人でもあり、同じ職場の上司でもあるのだ。

黒い笑みを浮かべた駿は小さなリモコンを操作した。

『ふぁっ…んっ』

「遠隔操作できるんだ。便利でしょ♪周りに不審に思われないよう頑張ってね」

駿に逆らえない私は、下腹部の違和感に耐えながら、ぎこちない歩き方で会社へと向かったのだった…。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵46794Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵41578Views

  3. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田38204Views

  4. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月37667Views

  5. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ35148Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ32666Views

  7. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも31957Views

  8. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも25967Views

  9. なかなか手を出してくれない憧れの先生の、こじらせた性癖をぶっ刺した夜

    まゆり19082Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18163Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る