刺激的なホスト君は私の同級生だった

・作

つまらない毎日だと退屈を感じていたミサは、刺激を求めて飲み会の帰りにフラフラ繁華街を歩いていた。すると突然目隠しをされ抱えられどこかに連れ去られてしまった。叫ぶミサをよそに、抱えている者は男性で長身のがっしりした青年だった。叫ぶミサを男性はホテルに連れ込んで。目隠しを取ったミサに青年はアキラと名乗ってずっと見ていたと言われて…。

ネオンがギラギラと輝く繁華街の片隅にある派手なラブホテルの一室。

広い空間に大きなダブルベッド、その周りには鏡で覆われて枕元には避妊具も用意されている。

ちょっと乱暴な感覚でベッドに寝かされたのは色の白いちょっと背が高い20代後半の女性ミサ。

ごく普通のOLだが、退屈な日々を過ごしていて刺激を求めていたが、なかなか出会いもなく職場は中年のおじさんばかりでつまらない日々を過ごしていた。

今日は飲み会があり繁華街を歩いて帰っていたのだが、突然誰かに目隠しをされ抱えられここに連れてこられたのだ。

大きな目を見開いて驚いているミサ。

丸顔の可愛いタイプのミサは、20代後半だがまだ幼く見える。今日は飲み会なのもあり、ちょっと胸が大きく開いているピンク系のワンピース姿で、体のラインが分かりやすいタイプの服装。

「誰? 」

驚きつつも怯えた声で尋ねたミサ。

ニヤッと笑ってミサに覆いかぶさってきたのは、金髪の若い青年。

奇抜なスーツ姿に金髪の髪や顔の作りからホストのようだ。

「俺、アキラ。ずっと見ていたよ、ミサさん」

「なんで名前知っているの? 」

「知ってるよ、ミサさんの事は何でも。M商事で事務員やっているOL。いつもS駅で降りて歩いて通勤して、18時には帰社して18:32分の電車で帰る」

はぁ? なんで知っているの? 怖いんだけど。

そう思うミサだが、声にはならなかった。

「もう半年以上かな? ここのところ、ずっとつまらない顔してたでしょう? 今日なんか、欲求不満そうな顔してたじゃん。だから連れてきたんだけど」

「どうゆう事? 」

「どうゆう事って…」

 スーッとアキラは人差し指でミサの首筋をなぞった。

 しなやかなアキラの指先はミサの首筋にゾーっとした感覚を感じさせた。しかし、見つめてくる視線が色っぽくて思わず見とれてしまった。

「ねぇミサさん。もしかして、ずっとご無沙汰? 」

「な、なによ…」

 図星だけど。…最後にシタのいつだったかな? 

 ミサは図星を刺され何も言い返せなくなった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53894Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41829Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39328Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36851Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28539Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22062Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20544Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14391Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14268Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る