10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

・作

シングルマザーとして、一人息子の健太を育てる由美。子供の成長だけが生きがいの由美は、息子の活躍を何よりも望んでいた。練習後、レギュラーメンバーに選ばれないことを抗議しに行った由美に、監督が告げた条件とは…

太陽の直射日光が眩しい。由美は冷たい麦茶の入った給水タンクをベンチに置き、今まさにバッターボックスに立った息子を見守る。

黒く日焼けした肌に、大粒の汗が浮いている。
真剣な眼差しでピッチャーと向き合う息子を見ていると、私まで身体に力が入る。
ブンッと空気を切り、カンと小気味いい音と共に、ボールが勢いよく空に飛び立つ。
晴天の空を突き抜けるボールの軌道を追いかけて、私はニコリと微笑んだ。

「こんなに頑張ってるんだもの。今度こそ健太はレギュラーになれる」

毎日、学校から帰るなり、素振りの練習をする息子は、レギュラーになることを目標にずっと頑張ってきた。
前回の試合では、レギュラーになれなかった悔しさから、さらに努力してしている息子を間近で見てきたのは私だ。
この成果なら、きっと。

夫と離婚し、シングルマザーとして、息子を育ててきた。
平日は仕事と家事に追われ、休みの日も健太の野球の応援。
35歳になった身体には、体力的に少しきつい。
けれど、健太の喜ぶ顔が見れるのなら、少しくらいの無理なんて、どうってことない。
私には健太だけ。健太の成長が私の生きがいだ。

*****

「どうしてうちの子が、レギュラーじゃないんですか?」
小学校裏のうっそうとした雑木林で、私は監督に詰め寄った。

練習後、発表された次の試合のメンバーに健太は選ばれなかった。
ショックを受けた健太が、私の慰めも拒否し、一人泣きながら帰っていくのを見て、
キュウキュウと胸が締め付けられる。
いてもたってもいられず、帰宅しようとする監督を捕まえて、私は怒りをぶちまけた。

「さっき見ていたでしょう? 健太のバッティング」
「えぇ、見ていましたよ。特大ヒットでしたね」

監督がこともなげに言ってのける。
私よりも10歳ほども若い男なのに、どこか余裕のある雰囲気がさらに私を苛立たせた。

「じゃあなんでうちの子がレギュラーに選ばれないんです? 実力はあるのにどうして…」
「奥さん」

言葉を遮り、監督が私に向かってニコリと微笑んだ。

「一つだけ、健太君がレギュラーになれる方法があります」
「それは、なんです? もったいぶらないで、早く教えていただけますか?」
「せっかちなんですね、じゃあ教えてあげます」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75029Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44174Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25774Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24331Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22869Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21648Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19660Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19512Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18470Views

  10. しおこ15777Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る