ワンナイトからはじめる恋愛のススメ

・作

合コンで会ったイケメンと意気投合して勢いで一夜を共にしたOLの律。結局連絡先を聞き忘れた矢先、一見さえない同僚が眼鏡を外したら例のイケメンそっくりで…。え?どういう事?さらには「あの時と同じ事しようよ」と誘われて…

金曜日に合コンに行って、超好みのイケメンとテレビドラマとか映画とかの話で意気投合し、びっくりする位あっさりと一夜を共にして、今駅の改札。

「身体、辛くない?」

「大丈夫」

「それじゃあ、また」

彼が立ち去って少し後に連絡先を聞き忘れていたことを思い出した。その時には彼の背中は人混みの中に消えていた。

*****

何であんなにうかつなことをしたんだろうか。それで週明け早々に

「残業とか…」

人がもうまばらになったオフィスで誰にも聞こえない音量で呟く。いや、別に進行が悪かったとかそういう事じゃないけど。定時間際に仕様の変更とか言わないでほしい。せめて三時間前に言ってよ。でもやるしかない。そう思い気合いを入れ直していたら、そっと紙コップを置かれた。

「コーヒーどうぞ」

「ありがとう、柳君。柳君も残業?」

「ええ、まあ…。こっちも仕様変更で…」

柳君は気が利く。同期の彼は仕事が丁寧で、愛想はないけどお辞儀とかの所作が綺麗だ。清潔感あるし、整えられた爪が本当にいいと思う。そつがないタイプだ。けど、瓶底メガネがなぁ。その野暮ったい眼鏡が彼の第一印象と言っていいだろう。

「仕様の変更できたし、帰ろー」

「声の記憶って残らないって本当だ。誰が言ったか知らないけど、ねぇ、律さん?」

呼び方とそのイントネーションに覚えがあり振り返る。珍しく眼鏡を外した柳君と目が合った。その顔は間違いなくあの合コンで会ったイケメンだった。

「え、え?啓吾さん…?え、待って、だって名前、双子とかじゃ…」

「長くなるんで、場所変えましょう」

再び眼鏡をかけた彼と会社を出た。

*****

何かよく分からないまま、流されるままにイタリアンレストランで注文したパスタを待っている。

「柳君はあの時、曽根崎啓吾って名乗ってたわよね。一体どこの誰?」

「曽根崎は母の旧姓で…、啓吾は兄の名前…。あの後他のメンバーにも同じこと言われた」

最後の方が声が小さくなった。悪いことしたという自覚はあるらしい。

「偽名の理由は?」

「単純に気まずかったというか、結構強引に誘われた合コンに行ったら職場の同僚しかも同期とか。声でバレるんじゃないかってヒヤヒヤした」

運ばれてきたパスタを食べながら、ぽつぽつあの日の事を話す。合コンの時ほど弾んだわけじゃないけれど、会話が途切れることはなかった。

「なんか、いまだに現実感がない。実はこれは夢で、アラームで目が覚めたりして」

「まあ、急に色んな事驚かせたし、主に俺のせいで。でも不安なら確かめない?あの時と同じ事しようよ」

甘く微笑まれて、断るなんて選択肢なかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55680Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45345Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35639Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23884Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22988Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22734Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17159Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17135Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る