双子のイケメンを天秤にかけた女の末路

・作

京香は双子の幼馴染である紫苑と葵と恋人関係にある。ふたりと深く愛し合う京香だったが、求められても決して応じないことがある。それは3人でするセックス。そんなある日、紫苑とのセックスの後、京香が風呂から上がると、そこには葵がいて―。

美しい双子の兄弟にかわるがわる抱かれていると言ったら皆うらやむだろうか。

京香はそんな境遇にあった。

紫苑と葵。

京香は幼馴染の双子の兄弟と恋人関係にあった。

*****

「あ、んむ…。ん、紫苑」

「ああ…京香のなかは本当に熱いよ」

京香は四つん這いの姿勢で紫苑に貫かれ、快感にあえぐ。

はざまに訪れる一瞬の理性で、きょうは葵はなにをしているのだろうと、ここにいない男に思いをはせた。

ともに育ち、長じては熱烈な求愛を寄せてきた紫苑と葵。

京香は選べなかった。

ふたりとも愛している。

そんな京香の身勝手な言葉に、紫苑と葵は苦笑したものだ。

選ばなくてもいいじゃないかと。

ふたりは京香にそんな不思議な言葉を告げた。

そうして今に至る。

*****

ねちゃ、ねちゃ、と結合部から体液がまざり合い練りこみ合う音がする。

紫苑はバックからねちっこく欲望を出し入れするのが好き。

葵は正常位。

紫苑はとにかく京香とつながっているのが好きで葵はキスが好き。

顔も体つきもそっくりにたくましく美しい男に育った紫苑と葵の違いを、京香は多々知っている。

特に広言できないふたりの性の好みの違った部分を京香は微笑ましく愛していた。

いっぽうで受け入れられないこともある。

紫苑と葵はふたりで京香を愛したいと常々願ってきたが、京香はそれだけはいやだった。

どんなに紫苑と葵を愛していてもたくましい成人男性2人を相手にセックスをするのは恐怖しか感じない。

それは理屈ではなく本能的なところからくる恐れであった。

紫苑と葵は納得してくれた。

こうして成立した3人の奇妙なセックスライフ。

週末ごとに双子は交代で京香を抱く。

今週は紫苑が、翌週は葵が、京香を愛する。

不可思議なセックスのサイクルの中、京香は快感によがり狂う。

狂いながらいっぽうの不在の男のことを思うのは、3人ですることを断っていることと矛盾しているのではないかとときおり京香は思う。

*****

紫苑が京香の細い腰を掴む手にちからを込めた。

挿入が深くなる。

「ああ!そんな奥!あん」

「京香、京香」

繋がったところから響く水音がびちゃっびちゃっと激しいものになる。

身体の芯が熱い。

内奥から悦楽の炎で焼かれてしまいそうだ。

紫苑は身体中で京香を抱きこむようにして腰を振る。

のしかかられ羽交い絞めにされ身動きが取れずただひたすらに膣内をかきまわされて。

「ああ、いやっ。あああ、紫苑」

京香は全身で紫苑という雄の欲望を受け止めて果てた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75033Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44176Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25774Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24340Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22869Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21649Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19660Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19517Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18471Views

  10. しおこ15781Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る