真夏の夜に溺れたい

・作

友達にドタキャンされ、仕方なく一人で沖縄に旅行に来た女子大生の天音。初めての土地で道に迷ってたところを、地元民の都築がガイドを買って出てくれた。年上の余裕を感じてドキドキが止まらない。旅先という開放的な雰囲気の中、年上の男性と刺激的な夜。

折角の夏休み、大学の夏休みは長いから友達と旅行の予定を立てた。夏なら南の島に行きたいよねという安直な理由で沖縄県。

国内なのは予算の関係だ。そう、友達と二人。女同士楽しく面白い旅行になるはずだった。なのに、何で私は一人那覇空港に立っているんだろうか。

「ごめんね、風邪ひいちゃって。ホント、ごめん」

ゲホゴホ咳をしながら、友達が電話を掛けてきた。よりにもよって旅行の前日だった。友達のキャンセル料はともかく、自分のキャンセル料はさすがにもったいなかった。しかし、一人旅とか。いかにも失恋して傷心旅行に来た女みたいじゃない?私の自意識過剰?もうこの際仕方ない、一人でも思いっきりエンジョイしよう。この旅行に備えて買った、旅行雑誌を片手に歩き出した。

*****

ここは一体どこだ?旅行雑誌の地図を見る。確かにちゃんとこの通りに歩いてきたはずなのに、広がるのは写真とは全く違う風景。頼みのスマホはモバイルバッテリーで充電中。

「うーん、地図の見方が違うのかな…。こうか?」

見知らぬ土地で一人、心細い。額の汗をぬぐいながらふらふらと歩き始める。疲れた。休みたい、でもどこで。どこかも分からない海岸でへたり込む。本当にここはどこだ?ホテルへの道も分からない。ただ青い海を見ていると影が差した。

「お嬢ちゃん、具合でも悪いの?旅行客かな。ホテルの名前は言える?」

「道に迷っちゃって。荷物重いし、ここがどこかもわからないし、一人で心細くて…」

急に声をかけられて、見ず知らずの人相手に泣きそうだった。というか、もう半分くらい泣いていた。ぐすぐすいう私に困った顔をして、自販でミネラルウォーターを買ってくれた。そのミネラルウォーターを半分くらい飲んだところで、やっと私は落ち着いた。

「ミネラルウォーターありがとうございます。急に取り乱してすみませんでした。ホテルの名前は分かりますが、道が分からないので教えてください。お願いします」

「それは構わないんだけど、なに、いわゆる傷心旅行ってやつ?いいね、若いって」

「いえ、友達と二人で来るはずだったんですけど、友達が直前に風邪ひいて。キャンセル料が勿体無いから来ただけです」

その言葉にぽかんとした顔をしていた。絶対にそんな理由で一人で来て、道に迷った馬鹿な女だと思われてる。いたたまれない。

「そーなんだー。傷心旅行ならつけ込んじゃおうかなと思ったんだけど。俺は都築っていうんだけど、俺でよかったら案内しようか?こんなオジサンでよければだけど」

「いいんですか?お願いします!」

「任せな、最高の旅行にしてあげる」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu57789Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑48803Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu37322Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑28488Views

  5. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu25647Views

  6. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu22312Views

  7. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵21966Views

  8. 二度目の初体験

    月島満21107Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA20442Views

  10. 結構なお点前で

    十月夏葵20223Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る