知らないおじさんが教えてくれた二人だけの秘密の快楽

・作

社会人になったばかりのリカは毎日謝ってばかりの憂鬱な日々を送っていた。今日も満員電車に揺られて大好きな彼氏の待つ家へと帰る。でもそこで知らないおじさんに触られ、怖いはずなのにもっともっとと快楽が欲しくなり…?

リカは連日の出勤により少しくたびれてきたジャケットを羽織り会社を出た。

大学を卒業してから数ヶ月、即ち社会人になってから少し経ったあたりで、だいぶ新しい生活にも慣れてきた。
新入社員としてできることといったら明るく元気に。
そう思いつつ無理矢理自分に気合を入れて出社するのは、本当の気持ちとはチグハグな感じがしてなんだかもどかしかった。

生活リズムには慣れても緊張続きの毎日。
今日も怒られちゃったな。自分自身の不甲斐なさにふぅっと軽く溜息をついて電車に乗る。

3駅あたりが過ぎた頃から人が増えて車内は混雑してきた。

慣れないヒールに窮屈そうに収まる足がパンパンだ。座りたい、座れなくてもいいから早く帰りたい。

そう思っていた矢先、キキーッとブレーキがかかり、前のめりになって別の乗客にぶつかってしまった。
「すみませんっ」と謝ると、その気の強そうな女性は怪訝そうに眉をひそめ外方を向いてしまった。

そして案の定、緊急停車を告げるアナウンスが車内に流れる。
本当にツイてないなあ、会社でも電車でも謝って何やってんだ私。

数分経つと、運転再開されるとのことでまたアナウンスが流れホッとする。

のろのろと電車は動き次の駅まで私たちを運んでくれたが、そこにはいつも以上に人が並んでいて、ドアが開いて数名が降りると、堰(せき)を切ったようにたくさんの人が流れ込んできた。

リカもその土石流のような人混みによって連結部分の壁際に押し寄せられてしまった。
体重を預けられるので楽ではあるが、逆に目の前にいる人の体重もリカにのしかかる。

うぅ…思わず声が漏れる。
満員電車では仕方のないことだが、息苦しさも相まってなかなかにしんどい。

目の前の50代くらいのおじさんと向かい合わせになっていて、身体が触れ合ってしまっている。
ゼロ距離の気まずさに耐えられなくなり視線を落とす。

先程人混みに揉まれた勢いで肩からトートバッグがずり落ちてしまい、なんだか腕の位置も居心地が悪い。人との間の少しの隙間を見つけ、もそもそと位置を修正しようとした。

が、なかなかうまくいかない。
隙間があったはずなのに、何やら硬いものが当たって滑りが悪くなってしまっている。
何度か試してみるうちにさらにそれは硬さが増し、じっとりとした熱を帯びてきていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56645Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46500Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21829Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21319Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20126Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14692Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13919Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12840Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る