女子大生あづさは悪いことをしたのがばれて教授におもちゃにされてしまいました

・作

大学生のあづさは卒業論文を代行業者に頼んだことがばれて、教授の毒牙にかかることになる。あづさは教授に呼び出されるままに彼のもとに赴かねばならない。彼女の、教授に身体を求められ逆らえない日々は続くのだ。

あづさは泣いていた。

目の前の男の指示に逆らえないことに。

彼の指示通り、あづさはデスクの上に座らされ大きく脚を広げさせられる。

男はかがんであづさの下着をずらすとやおらあづさの秘部に顔をうずめる。

「いやっ」

身もだえするあづさに動ずることもなく男は舌を伸ばす。

男は指で秘部を割るとクリトリスの小さなふくらみを目ざとく見つけ舌の先端を押し付けた。

「いっ。やあ」

あづさは腰を揺らし男の舌から逃げようとするも男はあづさの脚を押さえてそれを許さない。

男はぴちゃぴちゃと音を立ててクリトリスを舐める。

「ひっ。んんん」

硬くなり始めたそこをじゅっと吸い、チュッチュッとしゃぶる。

「ああ…もうやめて。やめてください。教授」

あづさの言葉に男が顔を上げた。

学生に人気の高いロマンスグレーの教育者。

人格も品格も申し分ない男の唇はあづさの分泌液によっててらてらと光っている。

「君の卒業論文はすばらしかった。腕のいい代行屋に頼んだんだね。素晴らしすぎた。それが問題なんだよ。卒業させてあげるだけでもありがたいと思わないかい」

代行業者に卒論を依頼するのなんてあづさだけではない。

それは言い訳にもならないが事実でもある。

しかし教授はあづさだけを呼び出し、あづさを毒牙にかけた。

たぶん以前から自分のことを狙っていたのだろう。

あづさは歯噛みした。

*****

「今日はね、おもちゃを買ってきたんだ。きみのここももっと刺激がほしいだろうからね」

教授はあづさの秘芯に息を吹きかけると、やおらデスクの引き出しを開け、ピンク色の小さな器具を取り出した。

ローターだ。

ブンッと動作音がする。

あづさは息をのんだ。

大人のおもちゃなんて使ったことがない。

ローターがあづさのクリトリスに押し当てられる。

ブブブブブブブと規則正しい振動があづさの敏感に濡れた皮膚を刺激した。

強い刺激は快感よりも不快感が勝って。

「いやあああ」

あづさは悲鳴を上げ身をよじった。

「おおっと。これは強すぎたか」

教授はそう言って笑うと、おもちゃの押し当てを弱くした。

今度は振動の効能があづさのクリトリスにぴったりとしたところに決まった。

股間がかっと熱くなる。

「あ」

小さな喘ぎ声が漏れる。

規則正しい振動があづさのクリトリスをブルブルと刺激し、あづさはどんどんと昇りつめていく。

「あ、ああん」

指や舌よりもずっと速く、あづさはクリトリスで達した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66098Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40171Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28295Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28130Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27834Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25633Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22127Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20972Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18007Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る