初めての行為は誰も知らぬ場所で

・作

私と良太(りょうた)は同じ高校に勤めている教師で、普段は生徒の目を避けるため、デートも家ばっかりだった。夏休みに入り、同僚の協力もあって休暇のシフトが被ったことから、二人で南の島へと旅行に出かけて、そこで…!

「わあ…やっと来れたね!」

目の前に広がるのは絶景の青い海。

周りにはほぼ人がいない。

自然が豊かなとある島に私たちはやってきていた。

「はしゃぎ過ぎだろ」

良太は海を見て目を輝かせる私を見て笑うものの、当の本人はアロハシャツにサングラスという出立ちだった。

「良太に言われたくないな〜」

私はわざとらしく鼻で笑ってみせる。

「お二人さん、到着したよ」

船の運転手さんにそう声をかけられて、私たちはビーチに足を踏み入れる。

*****

「はぁ、たまには旅行とか行きたいなぁ」

私が夏休みのシフト表を見つめながら、そう呟くと背後から突然声をかけられる。

「か、れ、し、と?」

「お、驚かさないでよ…」

彼女は良太と私の同期であり、3人揃ってこの高校に勤めている。

「代わってあげるよ。ただし、お土産話よろしくね!」

*****

そうして私たちは無事に休みを合わせ、南の島への旅を決行した。

ここは宿泊人数に制限がかけられていることもあり、私も良太も思いっきりはしゃぐことができた。

夕飯も海鮮が美味しくて、舌鼓を打ってしまった。

そして、お部屋は海を見渡せるコテージ。

「部屋広ーい!」

私は勢いよく大きなベッドに大の字になったあと、良太に「ほんと来れてよかったねー!」と声をかける。

既に互いにお風呂を済ませていることもあり、私はベッドにゴロゴロしていたが、良太は少し思い詰めた顔をしていた。

(この歳にもなってこんなことしてるから、引かれちゃったかな…)

なんて私が考えていると、良太は決心したかのような顔で私の方を見て言う。

「その、さ。…俺たち、まだ初めて済ませてないじゃん。だからさ、その、…やりたいな」

妙に照れ臭そうな様子で言うものだから、私は思わず大笑いしてしまった。

「ぷっ、あはははははは!」

「笑うなよぉ!」

「いいよ?」

私はそう言うと、ベッドに寝転んで少し彼を誘うようなわざとらしいポーズをとって見せた。

良太は顔を赤面させると、ベッドの上に乗り、私を上から見下ろすかのような体勢を取る。

「…そんな顔されたら、我慢できないだろ!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53849Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41745Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39323Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36845Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28532Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22045Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14386Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14264Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る