まだよく知らない飲み友達の彼を好きになりかけている私

・作

仕事の帰り、いつものお店でお酒を飲む私。いつのまにか親しくなった彼。ご近所だからと一緒に歩いて帰るようになった。お互い酔っているとはいえ、いきなりキスがしたいと言われたり、家で飲みなおそうと誘われたり。そんな彼に惹かれて…

お昼15時。
私は最近いつもこの【田舎庵】という蕎麦屋で朝ごはんを食べる。
ざる蕎麦と小さな天丼のセットがお気に入りなのだ。

私は夜働いていて、だいたい朝5時に終わる。
そのあと必ずちょっとお酒を飲むので、寝るのは朝8時くらいかな。
起きるのはだいたいお昼を過ぎてから。

お酒を外で飲むときは、朝までやってる店か、深夜から営業が始まる店、そういう夜の仕事の人のための飲み屋に行っている。時間が時間だけに、そんなにお店が開いていないのだ。

彼に会ったのはいつも行っているお店だった。顔見知りだったけどいつの日か友達になり、彼と私の家は驚くほど近所だったので一緒に帰っていた。

あの日はとても酔っていてからだと思うけど、

「キスしたいなあ」

そういって彼は突然私のくちびるにちゅっとしてきたので、驚いて動けなかった。
お互いとうに30を超えていて、お互いバツイチのふたり。
それで道端でキスなんか。

「びっくりしたー!もう」
そう言って何でもない顔をしてみせた。

だけどその日から、彼に会ってない時もよく彼のことを考えるようになり、彼から毎日メッセージがくるようになった。

おはよう

今日も頑張ろう

お疲れ様

仕事終わった?

おやすみ

その日、いつものお店に行くとカウンターに彼がいてお酒を飲んでいた。
だいたい仕事が私よりはやく終わるらしい。
隣に座って話しかける。

「おつかれ」 
「おつかれさま」

お酒を飲んで、他愛のない話をして、また一緒に帰っていたら、気のせいか彼の歩くペースがいつもより遅くなった。

「もう一杯うちで飲もう」
「いいね」

なんだかそれが自然な流れに思えて、普通に答えていた。
コンビニに寄って350mlのビールと酎ハイを2本ずつ買う。

いつもは彼のマンションの前で別れていて、私の家はちょっと先だけどそこまでは送ってくれたことはない。
じゃあねと言って、彼がオートロックを開けるところを見送って、ひとりで数メートル歩いて帰っていた。いつもと違う展開に胸が高鳴る。

*****

「ちょっとトイレ、ゆっくりしてて」
玄関を開けてくれたらすぐにお手洗いへ入っていった。

「お邪魔しまーす」

彼の部屋はワンルームで、間接照明がセンス良く置いてある。

綺麗に片付けられていて、アロマオイルの香りが漂っていた。
トイレから出てきた彼が、間接照明を調整してくれる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57883Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49724Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38795Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32169Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22471Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19346Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18787Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15025Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13806Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る