いつもは穏やかな彼に縛られて、わたしは身をよじらせる。

・作

「今日は縛ってみる?」いつもは穏やかで温厚な彼がわたしに冷たい目をむけてきた。「いつも感じてないだろ?好きなら感じろよ」なにやらわたしに怒っているようだ。手首と胸を縄で縛られる。するとわたしの肌はぞわりと粟立った。わたしは、なにやら感じたことのないような快感を抱いているようだった。

「今日は、縛ってみる?おまえ、いつも感じていないみたいだし。俺のこと好きなら感じろよ」

いやそんなことないって…。
感じてるのに…。
どうしてそんなこというの?
温厚と評判の彼が急に怖くなった。

*****

28歳。会社員の私は、彼と付き合って三ヶ月目。彼氏とは、週に一回程度デートし、おうちで、お酒とご飯を食べて…。
ドラマや映画を見ていちゃつきながら愛し合いセックスするという一般的なライフを送ってきた。

行為中、大好きな彼に見つめられてキスされて、抱きついて。胸を触られて。彼と密着し一つになることが幸せで仕方なかった。

それに不満など全くなかった。
なのに…。
彼は不満らしかった。

*****

彼が私を見下ろし、紐を見せつけてくる。

「こういうのお前好きそうだよね?今日は縛ってみようか」

いつものおだやかな彼は何処へ行ったのか。彼が、やさしさの欠片も無い低い声色で、じっくりと私を見つめる。

ゾワリと、肌が粟立つ。

わたしが彼の言葉に戸惑っていると、手を掴まれて、手首を紐で縛られた。胸の谷間と胸の上と下を紐で結ばれた。

小さな胸が、紐の圧によって狭い体積に収められ厚みを増す。胸が存在感を持つ。縄の間から顔を出すわたしの突起はもうすでに固くなっている。

彼に優しく、身体中をフェザータッチでなぞられて、太い指先で胸の突起を弾かれると体がビクンと跳ねた。

電撃みたいな快楽が走る。

彼がにやりと笑う。

「ちょろいな。おまえ。いつも感じてなさそうな、つまらなさそうな顔してたくせに。こんな顔もできるんじゃん」

「いつもそうしろよバカ」

怒気を含む声で言われわたしが謝ろうとしていると、目の前が真っ暗になる。

目隠しをつけられたようだ。

身体中縛られて身動きが取れない。

恐怖に駆られていると、耳元に吐息を感じる。

「ひゃ…、あ…」

わたしが、快楽に堪え切れず声を出す。

彼は低い声で、

「何?感じてるの?早くない?」

と責め立ててきた。

返事をできずにいると、口腔内を貪られた。

舌のあたたかな温度で口の中が蕩けていく。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60143Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42245Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37011Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25803Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23933Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18855Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17468Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16600Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る