月とすっぽん

・作

職場でデキる女と呼ばれて、近寄りがたい存在とされている私。そんな私を慕う後輩が一人いた。根津(ねづ)君。仕事ができるわけでもなく、要領もいい方ではないが真面目で純粋な性格をしており、何事にも熱心な後輩だった。そんな彼にある日飲みに誘われた帰り道。ベロベロの彼に突然告白されて――!?

「これで大丈夫そうね」

「ありがとうございます…」

後輩は私に一つ会釈をする。私自身、仕事で困っている後輩を助けるのは当然のことだと思い、助けたはいいがなぜだか敬遠されている様子だった。

…私は嫌われているのだろうか。

皆が私を避けるような態度をとる。嫌われる覚えは無いのだが、話しかけられることはほとんどなかった。

なんとなく、近づきがたい存在なのだろう。私は。

そんな私に、今日ものこのこと仕事を教わりに来る後輩がいた。

「せんぱーい!ここ、教えて下さい!」

この子は根津。私の部署の後輩で、いつもドジを踏むことが多くドジネズミ、だなんてかわいそうなあだ名をつけられている。

「えーと…こうすれば楽よ」

「そんな方法が!」

ぱぁ、と微笑みありがとうございます!とぺこぺこお辞儀をして彼は今日も去っていく。

そんなやり取りの繰り返しで、私は実質彼の教育係みたいになっていた。

まぁ、慕われるのはうれしいんだけど。

そんなある日、彼から初めて食事に誘われた。

後輩から飲みに行きたい、と誘われたことなんてなかったのでつい応じてしまった。

「先輩だし、お金は私が出すわ」

私がそういうと、彼は少し嫌がったが根負けしたのか代わりに店を見つける!というので任せることにした。

*****

「ふふ、こう見えて俺、先輩の好みわかってるんで」

店の場所を案内してもらうと、隠れ家的な居酒屋に着いた。

彼の店選びは正しかった。別に私はお高い女でも何でもない。

ただの酒好きの独身のオバサンだ。

「っはーっ!」

私がビールをぐびっ、ぐびっと大きな音を立てて飲み干すと、根津は安心した表情を浮かべた。

居酒屋は客が少ないうえに、個室になっておりかなり好みの雰囲気だった。

おでんがおいしい、というのもいい。

「あーよかった。飲み会でおしゃれなレストランに行ったとき、居心地悪そうだったから」

根津はよく見ている子だ。私の細かいところまでよく見ているなぁ、と感心する。

そこで私と彼はいろいろな話をした。

いつも後輩とは仕事以外で話さないので、とても新鮮な気持ちで楽しい時を過ごせた。

結局、閉店まで飲んでしまった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53844Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41726Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39317Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36837Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28529Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22045Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14381Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14261Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14245Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る