月とすっぽん

・作

職場でデキる女と呼ばれて、近寄りがたい存在とされている私。そんな私を慕う後輩が一人いた。根津(ねづ)君。仕事ができるわけでもなく、要領もいい方ではないが真面目で純粋な性格をしており、何事にも熱心な後輩だった。そんな彼にある日飲みに誘われた帰り道。ベロベロの彼に突然告白されて――!?

「これで大丈夫そうね」

「ありがとうございます…」

後輩は私に一つ会釈をする。私自身、仕事で困っている後輩を助けるのは当然のことだと思い、助けたはいいがなぜだか敬遠されている様子だった。

…私は嫌われているのだろうか。

皆が私を避けるような態度をとる。嫌われる覚えは無いのだが、話しかけられることはほとんどなかった。

なんとなく、近づきがたい存在なのだろう。私は。

そんな私に、今日ものこのこと仕事を教わりに来る後輩がいた。

「せんぱーい!ここ、教えて下さい!」

この子は根津。私の部署の後輩で、いつもドジを踏むことが多くドジネズミ、だなんてかわいそうなあだ名をつけられている。

「えーと…こうすれば楽よ」

「そんな方法が!」

ぱぁ、と微笑みありがとうございます!とぺこぺこお辞儀をして彼は今日も去っていく。

そんなやり取りの繰り返しで、私は実質彼の教育係みたいになっていた。

まぁ、慕われるのはうれしいんだけど。

そんなある日、彼から初めて食事に誘われた。

後輩から飲みに行きたい、と誘われたことなんてなかったのでつい応じてしまった。

「先輩だし、お金は私が出すわ」

私がそういうと、彼は少し嫌がったが根負けしたのか代わりに店を見つける!というので任せることにした。

*****

「ふふ、こう見えて俺、先輩の好みわかってるんで」

店の場所を案内してもらうと、隠れ家的な居酒屋に着いた。

彼の店選びは正しかった。別に私はお高い女でも何でもない。

ただの酒好きの独身のオバサンだ。

「っはーっ!」

私がビールをぐびっ、ぐびっと大きな音を立てて飲み干すと、根津は安心した表情を浮かべた。

居酒屋は客が少ないうえに、個室になっておりかなり好みの雰囲気だった。

おでんがおいしい、というのもいい。

「あーよかった。飲み会でおしゃれなレストランに行ったとき、居心地悪そうだったから」

根津はよく見ている子だ。私の細かいところまでよく見ているなぁ、と感心する。

そこで私と彼はいろいろな話をした。

いつも後輩とは仕事以外で話さないので、とても新鮮な気持ちで楽しい時を過ごせた。

結局、閉店まで飲んでしまった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64125Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42361Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29964Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28198Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27772Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27250Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22934Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20451Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19916Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18516Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る