政略婚の彼と昔。

・作

嫌々ながら政略結婚の宴に参加する千愛子(ちえこ)。お守りを固く握りしめながら、遠い過去を思い出していた。お守りをくれた男の子のことが好きだったのだ。気まずい雰囲気のまま初夜に挑むが、実は彼がその男の子だったと知って?!初めてのセックスなのに濡れっぱなしイキっぱなしの快楽地獄!?

千愛子(ちえこ)の手は右ポケットの中で“お守り”を握りしめていた。

「千愛子、ほら、これも飲め飲め」

顔が真っ赤で、ひょっとこみたいな顔になった叔父がお猪口になみなみと注がれた酒を勧めてくる。

嫌々受け取り、口をつけたふりをする。

――もうやだ…もっと自由に生きたい。

あの人のように。

今夜は結婚が決まった私たちのための宴が開かれていた。

隣にはこれから夫になる男性が同じく酒を勧められている。

ユウヤというらしい。

3つほど隣の村にある大地主様のご子息だ。

わたしは政略結婚のために、見ず知らずの男性と婚姻関係を結ばされた。

2021年、現代とは思えないほど古くて、小さくて、閉ざされたこの村。

ここでは、いまだにこうやって政略結婚が執り行われている。

会場内の人たちが出来上がっている中、数名がコソコソと話し合っているのが見えた。

――そろそろか…。

話し合っていた男性と目が合い、気まずくなる。

そう、おそらくこれから「初夜」が待っている。

*****

会場の声が聞こえなくなるくらい遠い、離れに案内された。

「では、ごゆっくり」

案内人は去り、一気に静かになってしまう。

夏虫の声だけが響いている。

――超気まずいけど…これ、わたしから話しかけるべきなの???

もぞもぞと居心地悪くしていると、ユウヤが口を開いた。

「ごめんね、こんな急に結婚なんて」

凛々しい見た目とは裏腹に、優しく染み入るような声が心地いい。

「いっ、いや…確かに急ではあるけど、この村で育ったら仕方ないっていうか…」

「俺、千愛子さんのこと大切にします」

じっと目を合わせてきた彼に、緊張のあまりついそっぽを向いてしまう。

すると、ぎゅっと体を抱き寄せられて彼の胸元にすっぽり収まった。

「やっ…やめて!」

恥ずかしさと緊張でジタバタするが、すぐに抑え込まれてしまう。

男性に抱きしめられたのは初めてのことだった。

一気に鼓動が早まり、顔が熱くなる。

「わたし、男性とこういう感じになるのが初めてで、緊張しちゃって」

安心して、とユウヤに頭をぽんぽんと撫でられる。

しばらく抱き合っていると、ひょいと抱きかかえられ、布団の上に下ろされてしまう。

仰向けにされたわたしの唇に彼の唇が重なる。

柔らかくて、熱っぽくて、なんだか体の下の方がジリジリと疼いた。

キスをしながら、ゆっくりと服を脱がされる。

彼にされるがままに。

「優しくするから」

スカートを下ろされかけたその時。

「千愛子さん、これって…」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60130Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42227Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37008Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34851Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25799Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23927Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21796Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18843Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17468Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16593Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る