ビッチは童貞君がお好き!?

・作

頼めば誰でもやらせてくれるとサークル内では評判のビッチな私には、片思いをしている相手がいた。彼、手塚はもさっとした見た目のためにモテず、周囲から童貞をネタにされていた。彼は私をビッチじゃなくて一人の女の子として見てくれている。そんな私が手塚のために考えたプレゼントとは――!

「おい、短いスカートはいてるな。今日もヤラせてくれよ~」

「え~?今日予定あるからムリ」

私は“ビッチ”として有名な女だ。

正直、名前を呼ばれることのほうが少ない。

理由としてはシンプルで、お金をもらったら誰とでもヤるから。

始めたのは成人したのがきっかけで、大学の学費が足りないから。

一応大学は卒業しようと思っているが、家は大家族で貧乏なこともあり、内緒でこんなことを始めていた。

若い教授とヤッたこともあるくらいだ。

「ところで、この前の罰ゲームは守るんだろうな?」

「あれ~!?あの手塚の童貞卒業手伝えってやつでしょ、それが今日なの」

手塚。ゼミが一緒でもさっとした髪型のオタク臭い男だった。

言うまでもなく童貞。友達も正直多い印象はなかった。

この前の飲み会の時に、ゲームで負けてアイツの筆おろしをやることになったのだ。

「んじゃ、行ってくるから」

私はサークルを後にすると、待ち合わせ場所の校門の近くへと向かった。

 

*****

私は待ち合わせ場所に向かいながら、手塚とのことを思い出していた。

「初めまして、よろしくね。…あっ、僕みたいな男、近づかないほうがいい?」

「…別に」

初対面はそんなところから始まった。

話したことは多くなかったが、ゼミの発表でペアになったときに彼と接することが多かった。

「どうしてあんないろんな人と、せ、せっくす、なんて、してるの…?」

手塚にそう聞かれたことは覚えている。

「金がないから」

「…君も苦労してるんだね。でも、身体を売るのは、よくないよ…」

そう言ってくれたのは、アイツだけだった。

それからというものの、私は妙に彼を意識するようになってしまった。

*****

「お待たせ」

「突然誘ってきてどうしたの?」

手塚はそう聞いてきた。私は無言で彼の手を取ると、手塚は「えええちょっと!何!」と明らかに女慣れしてなさそうな声を上げる。

そうして私は無言で彼を向かいのラブホの一室へと連れ込んだ。

手塚の顔は、見れなかった。

 

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64188Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42379Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29972Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28277Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27827Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27264Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22957Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20466Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19926Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18545Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る