女の子同士なんだし、ね?

・作

男友達のルカは20代後半とは思えないほどかわいい顔つきをしており、毎日職場でちやほやとされていた。しかし、そんな彼にもある秘密があった。それは、「女装趣味」。ある日、そんな彼が私に一つの提案をしてくる。「ね、たまにはさ、面白いことしてみない?」それはスリリングで刺激的なお遊びだった。

ルカは三十路も間近だというのにかわいらしい顔つきをしていることから、会社の同僚や先輩たちからも毎日可愛がられていた。

「あ、お菓子くれるんですか?ありがとー」

後輩には軽い口調で、先輩には少しぶりっ子した感じの敬語で話す。

「今日もぶりっ子お疲れ様」

私があきれた調子で言うと、「ね、今日も付き合ってくれるよね?」と笑う。

私は小さくため息をつき、頷いて返した

*****

「お待たせ~」

仕事終わり、着替えを済ませて出てきた彼の姿はフリルのついたシックなゴスロリ。

そう、彼の趣味は女装だ。

もちろん彼はゲイ、というわけではない。

私と彼は、俗にいう腐れ縁であり、深い意味での遊び相手でもある。

いつもはショッピングやスイーツ巡りなどを楽しむことが多いのだが、今日はどちらかといえば大人な遊びをしたい気分のようだ。

「ね、公園散歩しよ?」

「まぁ、いいけど」

彼はいかにも何か企んでいる様子で、私の手を引く。

公園は夜のため人気が少なく、ちらほらと人がいる程度だった。

ルカは私を公園の隅の草むらのほうへと誘う。

「何、ここ。虫いそうでやだ…」

「ね、遊ぼ?」

かわいい顔をした彼は、そういって、私の服を慣れた手つきで脱がした。

「えっ、ちょっと!こんなところで!?」

私は驚いたものの、彼はもうその気になっていて既に遅かった。

器用にブラのホックに手をかけて、がさごそとかばんから何かを探しているようだ。

「何…」

「これ!」

見せてきたのは見たこともないような大きなローター。

彼はノリノリでスイッチを入れると、モーター音が鳴り響く。

「こんなところでこれ使ったら、ばれちゃうじゃん…!」

私がそう声を上げた時には遅かった。

それは私の服の中に侵入してきて、私の乳首に振動が伝わってきた。

「っあぁああっ、やめ、っ!乳首よわいの、しってる、でしょ…ぉ」

「知ってるよ?でも、声出すとばれちゃうよ~?」

ルカはいつものように楽しそうな様子だった。

「やりゃ、っ!やめてよぉ…っ!これやられると、すぐ、いっ、ちゃう…!」

「えー?俺も気持ちよくなりたい」

ルカはそういうと、私のスカートを器用に捲し上げて、パンツを脱がせた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来76186Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵43027Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも26176Views

  4. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ23155Views

  5. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり22061Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥20583Views

  7. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19043Views

  8. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来18916Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18793Views

  10. お客様は元同級生??告白できなかった憧れの男子といきなりエッチすることになるなんて…

    八代もも16953Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る