目隠し拘束がお仕置きじゃないの?!愛が深すぎて窒息しそうです!

・作

一人エッチしたのがバレた私・リオは、AVの中の女優さんと同じく、目隠しされ後ろ手にハンドカフスで拘束された状態で彼・タカトのモノに一生懸命ご奉仕。これで許してもらえるかと思ったら、タカトはAVを超える提案をしてきて…?!

『む…無理で…きゃあ!』

私の背後にあるテレビから女優のわざとらしいセリフが聞こえ、パシンと彼女を叩く音と悲鳴が続く。

『ふ…ん…うぐぅ!うううぅぅ!』

鼻にかかった声がくぐもった声に変わり、それからは時おり女優の呻き声が聞こえるだけで、他はいやらしい水音が延々続く。

ソファに座ってそれを見ていたタカトが、立ち上がってこちらに向かってくる気配がする。

「リオは俺に隠れてコレを何度も何度も見てたんだよな。次に何をすればいいかわかるだろ?」

声に促され、自由にならない体を必死に動かして顔を上げる。

いつもなら見えるはずの彼の顔が見えないのは、アイマスクをされているから。

たくましい体に抱きついて許しを請えないのは、後ろ手にハンドカフスで拘束されているから。

一応ブラとショーツは身につけているけれど、それは大事なところがぱっくりと開いた代物で、むしろ私の体を扇情的に見せているのだろうと思う。

AVを見て一人エッチしていたのがバレた私は、画面の中の女優と似たような格好にされベッドに転がされているのだ。

肘をついて体を起こして少し前に進んだら、勃ちあがりかけた、でもまだまだ柔らかいモノに当たった。

鼻先をこすりつけて位置を確認すると、口の中に溜めた唾液を絡めてソレを丁寧に舐めていく。

しばらくペロペロと舐めていたのだけど、完全に勃ちあがるまでには至らなくて。

「ヘタクソ。舐めるのほんっとヘタだな」

業を煮やしたタカトが私の髪を掴んで引き剥がす。

クチュクチュと粘着質な音が聞こえ、彼が自分で自分のモノを擦って勃たせているのだとわかる。

拙すぎる私の舌技では物足りなかったという事実を突きつけられてへこむ暇もなく。

「舐めなくていいから口開けてろ。歯立てんなよ」

そんな言葉とともに唇に熱いモノが押し付けられる。言われたとおりに口を開けば、少しのぬめりとともに硬く芯を持ったモノが勢いよく差し込まれた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68559Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39278Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27490Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19720Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る