妄想系オナ女子・秘密のマヤちゃん

・作

加賀見マヤは、栗色の髪と瞳がチャームポイントのお嬢様風の美少女。しかし、彼女の正体は筋金入りの「妄想系オナニー女子」でした。家族が留守のオナニー日和の本日、エスカレートしっぱなしのマヤの妄想の行きつく先は!?

妄想系オナ女子・秘密のマヤちゃん

加賀見マヤは、お嬢様学校で有名な女子大の二年生。

小柄で色白。栗色のサラサラの髪に同じ色の大きな瞳が印象的な美少女で、これまで当然、男にチヤホヤされまくりの人生を歩み続けてきた。

しかし、彼女は一度たりとも、彼氏の募集をしたこともなければ、採用したこともない。

なぜならば、彼女は少しばかり、他の人とは違う嗜好の持ち主。

「妄想系オナニー女子」だったからである。

正直、男の子とデートするヒマがあるのなら、自室にこもって濃厚なオナニーに耽っている方がマヤにとって、コスパもよく、はるかに有意義な時間の使い方だった。

ちなみに本日は、マヤの家は両親ともに留守で、マヤ自慢の美人のお姉ちゃんのサキも、彼氏のところにお泊りしている。

年間通して、滅多にない絶好のオナニー日和だった。

マヤは早速、最近ハマっているオナニーの下準備に取り掛かることにした。

まず、冷蔵庫から、スポーツドリンク 500mlのペットボトルを一本出して、一気にゴクゴクと飲み干した。

まだ、余力があったのでさらに、お気に入りの猫の顔が描かれているグラスを用意して、オレンジジュースをなみなみと注ぎ、少しずつ中身をストローで吸い込んでいく。

その間、浴槽にお湯を張り、薔薇の香りのバスビーズを放り込んだ。

ちなみにマヤは、別にノドが乾いているわけではない。

ちゃんとした理由があるのだ。

「あ…ん…おしっこしたく、なってきちゃったぁ」

マヤはソファの上で、モジモジと両膝をこすり合わせる。

彼女は今、ふわふわしたウサギみたいなフード付きのミニワンピの部屋着だけを素肌に身に着けている。濡れて汚れてしまったら嫌なので、ノーパンノーブラ状態だ。

マヤは頬を桜色に染め、内股を震わせながら、ハアハアと悩まし気な息をあげる。

トイレに行けばいいものを、わざわざ行かないでいるのだ。

そう。マヤは、おしっこを我慢しながらするオナニー、略して「おしがまオナニー」にハマってしまい、ここ最近、ずっと秘密の楽しみを止められないでいた。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

妄想系オナ女子・秘密のマヤちゃんのレビュー一覧

  • すごいの読んじゃった!!
    こういうの好きかも(笑)

    でも、短いね。もっと書いて!!

    1

    さな さん 2020年11月3日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68557Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39264Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33350Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25092Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22622Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20123Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19664Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17867Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る