恋人である画家と一緒に山奥のアトリエでモデルをする私。昨晩の激しい情事を思い出して…

・作

恋人である画家の“先生”と創作のために山奥のアトリエに来た私。デッサンモデルを務めるも、いやらしい姿に昨晩の激しい情事を思い出して、外にもかかわらず私の身体は先生を求めてしまう…

私は、次の展覧会に出す絵を制作する先生に連れられて、山奥にあるアトリエに来ていた。

アシスタントとして何度か来たことがあったが、恋人同士となってからは初めて。

甘い期待通り、私と先生以外は誰もいない2人の空間だった。

「少し裾を上げて」

「…こう、ですか…?」

羞恥心で顔が熱を帯びる。

というのも、私は今、木漏れ日が降り注ぐ朝のウッドデッキに、下着も着けず、薄いリネンの白いワンピースを羽織るだけの格好でデッサンモデルをしているのだ。

しかも昨晩は先生に激しく抱かれ続け、私の身体中にキスマークがついている。

その跡を見るだけで身体が疼く。

私は先生の指示通りにワンピースの裾を上げた。

ほんの数時間前まで、先生のモノが入っていた恥部がわずかに晒される。

身体は正直で、胸の頂がワンピースの上からもわかるぐらい、ぷくりと主張し始める。

先生がデッサンの手を止め、笑みを浮かべながらゆっくりと近づいてきた。

「昨日のこと、思い出した?」

先生は私の頬を撫で、そのまま身体のラインをなぞり、胸の頂を指で弾いた。

「あ…っ」

たったそれだけで、子宮が疼き、昨晩の名残りの愛液が太ももを伝ってウッドデッキに染みを作る。

それを見た先生はクスクスと意地悪そうに笑った。

「おや、どうしたのかな?」

「っん…意地悪、言わないで…ください…」

先生の低く心地よい声が脳内を痺れさせる。

私が堪らず先生の首に腕を回して、刺激をねだるように恥部を先生の脚に擦り付けた。

かすかに触れた先生のソレもすでに硬くなっている。

「先生…お願いします…」

愛撫するように先生のモノを擦り上げると、先ほどまでの優しい画家の顔から雄の顔になる。

私はそれを合図に、先生に口づけをしてねっとりと舌を絡ませる。

溢れた唾液が首筋を流れていく。

その間も先生は私の恥部を脚でグリグリと刺激をする。

よいところに当たる度に、甘い快感に腰が砕けそうになった。

「んぅ…はっ…あぁん」

「おいで、佐紀」

このままベッドで、いったい何時まで愛されるのだろうと考え、待ち受ける快感に身震いをしたその時だった。

私の身体はゆっくりとウッドデッキのソファに降ろされていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53802Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41666Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36828Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28523Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22037Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る