愛し合って、ぬくもりを。

・作

会社の倉庫の扉が故障して閉じ込められてしまい…居合わせたのは密かに想いを寄せるイケメン上司。肌寒さを感じていたら、「二人であったまらない?」と突然抱きしめられて…。キスだけで溢れ出して止まらない淫らな蜜。会社で秘密の愛の情事。

『…え?』

ボタンを押しても反応がない。

会社の所有する倉庫で備品整理をしていたのだけれど、何度ボタンを押しても扉が開く気配がないのだ。

「どうした?」

『扉が開かなくなってしまって…』

「そうなんだ。閉じ込められた感じかな?」

『みたいですね…どうしよう…』

「誰かすぐに気付いて開けてくれるでしょ」

同じく倉庫に閉じ込められた上司の市原さん。

焦る私とは対照的に、顔色1つ変えないで落ち着いた様子だ。

薄暗い倉庫には暖房器具がついていなくて…時間と共に少し肌寒さを感じた。

「これ着ときな」

自分の着ていたトレンチコートを脱いで後ろから肩にかけてくれる。

『でも、市原さんが風邪引いちゃいます』

「俺ってそんなに病弱に見える?」

『いえ、そういうわけでは!ありがとうございます』

市原さんは若くしてエリート、それでいて持ち合わせている甘く整ったルックス。

不謹慎かもしれないけれど、市原さんのさりげない優しさに心臓が高鳴った。

後ろに立つ市原さんをちらりと見ると、ゆっくりと交わる視線。

「どうした?」

『あ、いえ、何でもないです』

「なんか寒くなってきたかも」

『じゃあこれ、お返しします』

借りていたコートを返そうとしたら、

「手っ取り早く、二人であったまらない?」

そう言って市原さんはゆっくり私へと歩み寄り、二人の距離が無くなっていく。

右手をそっと私の頬に添えてきた。

『あの…』

「人と人が抱き合うのが一番あったまるらしいよ?知ってた?」

鼻先が触れそうな程まで顔を近づけてきて市原さんが私の耳元で囁いた。

「嫌なら拒んで」

突然優しく抱きしめられ、自分の顔に熱が帯びていくのを感じる。

聞こえてしまいそうなほどにうるさく高鳴る鼓動。

市原さんは上司で、かっこよくて、憧れで…。

私の、好きな人。

『嫌…じゃないです』

私がそっと瞼を閉じると、唇に感じる柔らかな感覚。

隙間から侵入してきた舌が器用に私の舌を絡め取りながら口内を犯していく。

『ん…んん…』

深い深いキス。

互いに唾液を交換しあうような。

熱くて蕩けるようなキスに、理性というものが次第に薄れていった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53901Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41855Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39334Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36856Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28539Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22062Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20544Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14392Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14281Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る