熱に溺れて…弱った私の寂しさを埋める同僚との甘い時間

・作

朝から体調が悪く寝込んでいた。弱った私は誰かの人肌を求めていて…そんな時に同僚がお見舞いにきてくれて、彼の優しさにドキドキが止まらなくなってしまい…。キスで止められるわけもなく始まった二人の甘いひととき。

今日は朝からなんだか体が怠い…。

熱っぽい体でなんとか仕事をこなし、家に帰ればそのまま崩れるようにベッドに沈み、そして吸い込まれるように眠りについた…。

*****

『――ん…』

夢から覚めた時には部屋は真っ暗で…

暗闇の中に一人、無性に寂しさが襲った。

こんな時は誰かの温もりを感じていたい…。

そんなことを考えていた時、静かな部屋にチャイムの音が鳴り渡った。

扉の外に立っていたのは、同僚の流星。

『莉子、大丈夫?心配でお見舞いに来ちゃった』

「うん、多分、ちょっと風邪引いちゃったみたい」
 

「ごはん食べた?食欲なくても少しは食べた方がいいから。薬も飲んで」

流星が持ってきてくれたゼリーを食べて、薬を飲む。

心なしか少し身体が軽くなったような気がした。

『最近残業続いてたでしょ。しっかり食べて寝たらすぐ元気になるよ』

「ありがとう」

そんなところまで見ててくれたなんて…。

優しい彼の心遣いに、思わず愛おしさが込み上げてしまう。

流星の横顔を見つめていると、ふと視線が重なる。

気づけば私は流星に近寄り、無意識に服をギュッと握っていた。

「!?」

『流星…私…っ』

熱のせいか、上手く回らない思考回路。

ふと我に帰り、掴んでいた手をパッと離した。

『ごめんっ…』

私ってば…いくら弱ってるからって、流星はダメでしょ。

私たち、ただの同僚なんだから…

流星はダメ。絶対ダメ。

「今のはちょっとズルいんじゃない?無防備っていうか、小悪魔っていうか」

『ごめん…』

「俺、ただの同僚じゃなくなってもいいの?」

『え?…ンっ…』

戸惑う私の返事は荒々しく塞がれた唇によって止められた。

「ただの同僚だったら看病になんて来ないよ。莉子が好きだから体調悪いのだって気づいたし、心配で家まで来たんだよ」

『流星…』

「莉子も俺と同じなんだったら、次は莉子からキスして」

私だって、流星のことが…。

恋心が加速して、好きの気持ちが理性を追い越した瞬間、

自分の唇を流星のソレにそっと重ね合わせた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張マッサージをお願いしたら、来たのはまさかの元カレだった!?

    夢咲 花笑49562Views

  2. お呼ばれの映画鑑賞会。なのに鑑賞されたのはまさかの私だった

    夢咲 花笑40617Views

  3. 私に執着する幼馴染の兄弟。やっと逃げられたと思ったのに

    夢咲 花笑25484Views

  4. 最高の恋の手引き

    十月夏葵23257Views

  5. ビッチな妹が私の留守中に連れ込んだのはあいつ!わからせ3Pでお仕置きしてやりました

    まゆり18989Views

  6. 旅先の開放的な雰囲気の中で

    十月夏葵17358Views

  7. 地味な私を溺愛するわんこ系彼氏とのえっちな夜

    木沢15985Views

  8. 魅惑の香りに乱される夜

    十月夏葵14902Views

  9. 罪づくりの皇妃殿下

    甘乃実弥14571Views

  10. 熱に溺れて…弱った私の寂しさを埋める同僚との甘い時間

    天音澪莉14465Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 胸きゅん 彼氏 言葉責め フェラ 年下クン 好きな人 年上の男性 ちょっと過激に スリル 中出し 挿入なし OL

すべてのタグを見る