密かに想いを寄せるセフレに呼び出されたら…現れた二人の男に弄ばれて快楽遊戯

・作

セフレの彼に呼び出され、てっきりいつも通り体を重ねると思っていたら、何故かそこに彼の会社の部下たちがやってきて…。心を寄せる彼に見られながら、欲に飢えた男たちに好き勝手弄ばれてしまう。無理矢理でも感じてしまう私の体…。

「俺は今日する気分じゃねーんだよなぁ」

『…』

私と修平は体だけの関係。

所謂セフレ。

修平から連絡があり準備をして急いで彼の家へと来たというのに、自分から呼び出しておいてのこの発言。

彼は私をどう思っているか分からない。
それでもいつからか私は彼に惹かれ、この関係を超えて彼女になりたいと望んでしまった。

それなのに…

所詮私は彼の性的欲求を満たすだけの対象なんだと再認識させられ、弄ばれてるようでなんだか悲しくなり自然と小さな溜め息が出た。

『それなら帰ろうかな…』

「だから今日は…コイツらの相手してもらおうと思って」

玄関の扉が開き、現れた人影に目を見開いた。

「いいんですか?先輩」

「俺達、相当溜ってるんですけど」

私の方を見ながらいやらしく笑い好き勝手話す二人の見知らぬ男。

『ど…どちら様ですか…?』

なんだか嫌な予感がする…。

ドクドクと鼓動は速くなり、背筋を冷たい汗が流れ落ちた。

「俺たち、同じ会社で働いてる修平さんの部下です」

飢えたような眼差しと、薄く笑う修平の表情に、私の中で危険信号が鳴り響く。

早くこの場を去らないと、そう思ったと同時にお腹に回された腕。

『やっ…!』

ベッドに投げ飛ばされ覆い被さってくる一人の男。

『離してよッ…!』

必死の抵抗を試みるが、まるで効いていない様子。

それでもなんとか逃げようと、目の前の重い身体を押し返した。

『ッ…やめて…!』

「先輩。この子すっげー嫌がってますけど、本当にヤッちゃっていいんですか?」

誰とでもしたいわけじゃない。

こんな名前も知らない会ったばかりの男たちに抱かれたくなんてない。

救いを求めて思わず修平に視線を向けた。

すると、

「ああ。でも俺の大事なオモチャだから、壊すんじゃねーよ?」

『…ッ!』

淡い期待は崩れ去り、修平の言葉に胸が痛んだ。

再び私の身体を二人の男の手が這い回る。

『嫌だってばッ…!』

泣きそうになるのを堪えながら抗ってみても、男二人の力を前に私の抵抗はなんとも非力だ。

身体を押さえ付けたまま、両手を頭上で纏め上げられる。

服は簡単に乱され、露になった胸を揉みしだき、しゃぶりつく。

『ゃっ…ああッ!』

乱暴な愛撫に、それでも身体は嫌でも反応してしまう。

覆い被さる男は下着も剥ぎ取り、脚を大きく開かせた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75029Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44174Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25774Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24332Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22869Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21648Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19660Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19512Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18470Views

  10. しおこ15778Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る